高校生二人組がパスドラのアイテム欲しさにコンビニでiTunes Cardを不正チャージ

iTunes Card
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

荒川区のコンビニエンスストアで「iTunes Card」を不正にチャージした疑いで高校生2人が逮捕された。

コンビニの店頭でもよく見かける「iTunes Card」

iTunes Card

このカードを購入するとネットでアプリや音楽をダウンロードする為の電子マネーをチャージすることが出来る。
警視庁の発表から推測すると高校生の手口は以下の通り。

1.少年A、Bは店頭に並んだカードを店内のトイレに持ち込む

2.少年Aはカードの暗証番号が書かれた部分のシールを剥がして自分のスマホに入力する
※この時点ではまだカードが購入前なので暗証番号は無効でチャージは出来ない

3.少年Aはスマホを持って店外に出て待機する

4.少年Bは剥がしたシールを元に戻してレジで会計を行う

5.店員がカードをレジに通す
※この時点でカードの暗証番号が有効化してチャージが可能になる

6.少年Aはスマホに入力してあった暗証番号から決済を進めてチャージを完了させる
※店員はこの時点ではカードが使用されたかどうかは分からない

7.少年Bは「財布を忘れた」と会計をキャンセルする

8.少年AとBはコンビニを去る

9.店員は既に使用済みとなったカードと分からず陳列棚に戻す

以上のような流れで不正チャージを行ったようだ。
使用されたからといってカードの見た目に変化は無いので、店員がすぐには気づくことが出来ないことが犯行が可能になった理由と言える。

少年2人は容疑を認めており、人気のゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」で
「モンスターを得る為のアイテムが欲しかった」と話しているようだ。

IMG_0244

誰もが簡単に模倣出来るような手口だが、自分のスマホで購入してしまっては一旦はチャージが出来るが、その後の犯人の特定は難しくないと思われる。

ゲームに夢中になっている高校生らしい浅はか犯行だったと言えるだろう。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー東京上野(0120-258-017)

東京都台東区に事務所を構えるガルエージェンシー東京上野。浮気調査や不倫調査、結婚調査など夫婦間や男女間のトラブルを抱える方々の悩みを解決する為、相手に言い逃れをさせない決定的な証拠を集める探偵事務所です。離婚や慰謝料請求をしたい方々からの依頼が多い探偵事務所です。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。