【男と女の修羅場】浮気調査がまるで映画!愛人を乗せ激しいカーチェイスをした男の結末

浮気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浮気調査の行方とは、人の数ほど様々なドラマのような結末がある。
私は15年以上探偵をしているが、今も依頼者様からお願いされると、これは修羅場覚悟で厄介かもと感じる2つの事がある。
それは、浮気調査をする時に「浮気現場の証拠を撮影してください」と、「浮気現場に乗り込んで、現場を押さえたい」といったもの。特に記憶に残っている後者の調査依頼についてお話しよう。

依頼者は、40代の奥さん。
旦那さんは事前調査で女性と公園駐車場で待合わせをし、2人は車の中で1~2時間一緒に過ごし、帰宅するというパターンが解った。
奥さんはどうしても、「浮気現場に乗り込んで、現場を押さえたい」という事だったので打合せをした結果、旦那さんの車を尾行し、公園の駐車場で女性が旦那さんの車に乗った時に連絡する事になった。

調査当日。予想通りいつもの公園の駐車場で、女性が旦那さんの車に乗った為、私は奥さんに連絡をした。
すると、奥さんは近くで待機していたらしく、直ぐさま駐車場に現れ旦那さんの車を囲む様に車を駐車し、車から降りてきた。
その時の鬼のような形相の奥さんと、旦那さんの「うわーーーーっ」と言葉にしていたか分かりませんが、驚いた顔が忘れられません。
気付いた旦那さんは、混乱していたのでしょうか?なんと、奥さんの車に車を押し当て強引に車を退かし、逃走を始めたのだ。
その後を逃がすまいと、奥さんが後を追う。旦那さんは、動揺を隠せず他の車にも車を擦りまくり、そのまま逃走した。
最終的に旦那さんは、奥さんとパトカーに追われ観念し逮捕されてしまった。

まるで映画のワンシーンのような光景が目の前で起きた。私は15年間探偵をしているが、こんなに印象深い調査は初めてだった。
ハラハラしながらもカメラをまわし、一部始終を眺めていた。


浮気相手を乗せたまま、カーチェイスをし逮捕に至った旦那さん。それほど奥さんが怖かったのか?

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー甲府中央(0120-886-658)

某コンピュータメーカーのSEの経験と、営業経験を活かし、2000年にガルエージェンシー甲府中央を開設。12年間ノークレームの確かな実績。山梨県内で土地勘と幅広いネットワークが強みである。特に浮気・素行調査には絶対の自信を持つ。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。