世田谷区の住宅街で多数落書き事件!現場に行って見た衝撃の事実は???

法人建物への落書き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月15日午後11時頃、近所の人間が通報するという形で明るみになった、世田谷区の落書き事件。このような不届きものを許すまじ!と早速現地へ調査に向かった!!!

落書きの現場は環七通りを上馬4丁目公園方面へ折れた通りに沿っておよそ500メートルほど、南北両側の住宅の壁面、車両や道路である。上馬四丁目公園付近はそのすぐ北側に駒留陸橋という交差点があり、三軒茶屋方面からのアクセスがスムーズなため、人通りは少ない。赤と黒のスプレーで殴り書きされたその落書きは、文字として認識するのはやや難しい。

法人建物への落書き(この落書きは早速業者が消す作業に入る様子だった。)

住居壁面への赤の落書き 住居壁面への黒の落書き

こういった落書きが実に500メートルほど続く道の両側の住宅の壁、道路、車両にされていた。こうして写真としてお見せするとよくわかると思うが、そこに主義や主張のようなものは全く感じられない。かといってアート性があるわけでもない。完全に子供の落書きレベルである。

落書きがされた日時は15日午後10時から11時半ごろと推定される。歩いてみてよく分かったが、恐らくその時間は住んでいる人間以外がこの通りを歩くことはない。非常に閑静な住宅街なので、バイクや車の類いであれば目立ったはずだ。そしてこの辺りは鉄道の駅までは最短で15分ほどはかかる。(三軒茶屋もしくは駒沢大学駅)自転車に乗って駅まで移動、は非常によく目にする光景だ。逆に言うと周辺に馴染みやすい。

しかし、17カ所に渡っての落書き、というのはある種の異常性を感じる。2色の使い分けをしている点も意味不明だ。一刻も早く犯人逮捕をし、このような
「いたずら」では済まない犯罪を撲滅すべきだ。これは立派な「器物破損」なのだから。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー赤坂(0120-720-786)

探偵歴10年以上のベテラン。過去、数多くの難事件を解決してきた。探偵としての「洞察力」や「観察力」そして「分析力」には自信がある。各界に多くの人脈を持ち、情報量も群を抜く。「モットーは懇切丁寧、小さな調査でもまずはご相談!」。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。