探偵はどこまでやるのか?周到な準備が結果を生む潜入調査編

license
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我々探偵の業務は多岐にわたりますが、その一つに潜入調査があります。
職場や企業・趣味のサークル・会員制クラブや各種スクール等、対象者の仕事関連、趣味関連、種類を問わずに必要とあらばありとあらゆる場所に潜入します。

意外と多い事例として、ご依頼者様が、自分で、もしくは友人知人等に頼んで調べてみたけど駄目だった、というならばまだしも、対象者または周囲に気付かれてしまい対象者ともめているという段階でご相談にいらっしゃるケース。
こういったケースのほとんどが、はやる気持ちを抑えられずに十分な段取りと経験のないまま実行してしまい全てが水泡に帰すパターンです。

ではプロに依頼するのと何が違うのか。

「全てが違う」

 

と言ってしまうと終わってしまうので、様々な要素のうちのごく一部をご紹介しましょう。

例えば、免許や資格・趣味の幅が広い。
ご依頼の内容は実に多岐にわたります。一例として、大きな建設現場に潜入しなければいけない場合、職種にもよりますが小さな現場に比べると各種特別教育や資格が必要なことがあります。

あらゆる資格がモノを言う

あらゆる資格がモノを言う

地下作業等に必要な酸欠危険場所作業・解体等に必要な特定粉じん作業やコンクリート造工作物の解体等作業主任者、砥石の交換やガス溶接・職長教育・高所作業車等始め各種あり、一通りの現場作業に従事できますので即戦力として潜入できます。画像には入れていないが車両系、小型船舶、無線等色々あればあるだけ現場での幅が広がります。

建設現場だけでこれだけあるわけですから、他の職種に潜入する場合も様々な資格や経験等がモノを言い、有利に働きます。

また、多くの楽器やスポーツ等も幅広くプレイできますので、各種スクールやサークル・クラブにも即潜入できます。どれも初心者ではないところが「ミソ」です。初心者の振りはできますが、経験者の振りは経験者にしかできません。知ったかぶりは、即バレます。

昔からあるゴルフ・スキーのようなオーソドックスなものから、流行りのトレッキングやボルダリングまで幅広く網羅します。ガルはグループで700人以上のプロがいますのでありとあらゆる場所や状況に想像以上に対応できるわけです。

諦める前に、まずは相談してみることが思わぬ1歩に繋がります。

「人生を前へ」

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー東京西部(0120-78-4143)

M大付属中ラグビー部→少年自衛官→様々な職を経験後会社設立→新宿歌舞伎町の飲食店経営やタイ王国での会社経営等を経て、26歳で探偵に。様々な経験と豊富な世界中のコネクションを生かし、国内はもとより国境を越える依頼も数多くこなす国際派探偵。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。