【川崎中1刺殺】凄惨な事件現場に知人「上村遼太くんは正義感の強い子」と涙【川崎国】

舟橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎の多摩川河川敷で殺害された、上村遼太君(13)と事件の経緯を追ってみた。
2013年9月、遼太君は島根県から神奈川の川崎市に転校してきた。(当時小6)
自宅
2014年の夏頃、年上の不良グループたちとつるむようになっていった。

2015年1月、通っていた川崎市立大師中学校に登校しなくなる。
遼太君は不良グループの1人(殺人容疑者)に顔を殴られパンパンに腫れる。
上村遼太
2月中旬、遼太君の友人たちが容疑者宅へ行き、暴力をしないように求めた。警察も来たようだがこの頃、遼太君自宅の周辺では騒いだりナイフを持った人が目撃されていた。同級生の女子へ「殺されるかもしれない」とメッセージ。※事件後の報道では、遼太君殺害動機はこの時の「逆恨み」としている。

2月20日、事件当日。犯行直前に容疑者たちが飲酒。
遼太君の死亡推定時刻は午前2時頃。行方は19日の夜、レンタルビデオ屋で目撃された後から不明とのこと。

午前3時頃、川崎区伊勢町公園の女子トイレでボヤ騒動。遼太君の衣服や靴などが燃やされる。
IMG_7881 IMG_7872

通りがかりの女性に話を聞いたら、この不良グループたちは多摩川の土手付近、遼太君の自宅の裏手や伊勢町公園の他、他の公園でも夜中までたむろしては花火をして騒いだり煩かった。お酒を飲んでいるんじゃないかと思う時もあったそうだ。
もし、遼太君の自宅付近で不良グループが騒いでいたなら、自宅から目と鼻の先にある大師中学校は気が付いていたはずだ。

20日の朝6時頃、多摩川河川敷で、首や顔などを刺された全裸の遺体が発見された。携帯は発見されなかった。

IMG_7810
IMG_7798

遺体発見現場には今も多くの人々が訪れ、遼太君の冥福を祈っている。河川敷は日に日に花束やメッセージで溢れていった。

 IMG_7796

「孫が小学生の時、男子生徒にからかわれているのを助けてくれたのが遼太君でした。正義感のある優しい子でした。素朴でとってもいい子なんです。他にもいじめられていた子も助けてくれました。遼太君は越してきたばかりですが、友達の多い南大師中学校に行っていたら…犯人を許せない」と涙ぐむ人もいた。

2月27日、川崎警察署で未成年の少年3人が殺害容疑で逮捕。

川崎警察署 川崎警察署前

2月28日、主犯格の18歳少年の自宅に家宅捜索が入る。
容疑者宅 容疑者宅
近隣住民に聞いたところ逮捕について「やっぱりね」と言っていた事から、日頃から容疑者は近所でも迷惑な存在だった模様。
「おばあちゃんはとってもいい人なのよ…」と残念そうに話す人もいた。

3月2日、主犯格の容疑者は殺害の自供を始めたと報道された。
未だに殺害場所やどのように河川敷まで遼太君を誘ったのか?携帯と凶器は?など謎が多い。
冬の誰もいない暗い真夜中の河川敷に連れてこられ、ひざまずき結束バンドで両手を縛られた後、首を何度も切りつけられ死んでいった遼太君。13歳の少年はさぞ恐怖に怯えていた事だろう。更に服等を燃やし死体を全裸で遺棄した。非道で残酷なイスラム国の処刑を真似し「川崎国」などと言っていたそうだが、罪のない人の命をおもちゃのように弄びゴミ屑の如く捨てた。国民の感情は表に出さなくとも「お前も同じ目に遭わせてやりたい」と容疑者たちを許せない思いでいっぱいだ。
ご家族の苦痛は想像を絶する。一刻も早い事件の解明と犯人の自供、命をかけて罪を償ってほしいと切に願う。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班

ガルエージェンシー本部直属の特別捜査班。 事件との対峙を主な任務とし、選ばれた精鋭が集う。 海を超える情報網とその捜査力は圧巻の一言。

関連記事

コメント

  1. なお より:

    もぅ、被害者の事はあまり書かないで欲しぃです

  2. まる より:

    【とりあえず捕まった三人】
    舟橋龍一・柴山和也・樋口利生
    これでいいの?

    10年くらいでシャバに戻ってくるんかな
    顔も名前も変えるんだろ
    怖い世の中だ

  3. 名無し より:

    柴山和也は3月生まれだからもうすぐ18歳 上村遼太くんは柴山とは面識が無かった 樋口利生と遼太くんは趣味が通じて交流していた 樋口は舟橋龍一がキレたら大変だから常日頃から気を使っていたのか 遼太くんのことも好きだが舟橋との板挟みという感じだったのか それともまさか遼太くんを裏切っていたのか 後者でない事を願うが どちらかの少年が やめてくれ と遼太くんの声を聞いたと言っている どんな悲しい想いで死んでいったか 悔しい 可哀想すぎる 河原に向かう時 暗い中 舟橋達に気付かれないようにスマホで誰かに助けてほしいと必死で操作し でもあせり よく見えず打てず 友達申請 といったラインが元同級生という人に送られたのか 舟橋が一緒にいると知らず出かけ どんな恐怖で河原を歩いたか 川崎に来なければ島で元気に笑顔で好きなバスケをし生き生きと暮らせていたのに 遼太くんだけは向こうのお婆ちゃんらと住まわせてあげてほしかった 船に乗るまで 自分だけは島に残りたい と言っていた 弱いもの虐めされてる人を遼太くんは何人も助けた そんな良い人間を 舟橋龍一は何度も殴り 蹴り 首を何度も刺して殺した 極寒の真夜中に裸にさせ泳がせ 裸で寒い中暴行し 非道すぎる 次の日学校に行くと決めてた遼太くんを そのことも知り気にいらないと思ったのか 舟橋の家族が呼び駆けつけた近くの警察も 周りの全ての大人になぜもっとちゃんと… と思うのは当たり前のこと 遼太くんのために舟橋龍一の家に抗議しに行ってくれた少年らや直接舟橋龍一に抗議してくれた少年らは正しい 遼太くんが暴行受けてるの知って抗議するのはまともなこと えらいよ 見て見ぬふりや放っておく方が悪い だから抗議した少年らは心ある人間 遼太くんも 自分のためにありがとうって今思っているよ 舟橋龍一が最低最悪すぎてもう暴行をやらないと言ったくせにやった とっくの昔にそんな人間は親や警察がなんとかしておくべきだった

  4. 眠れなくなった男 より:

    毎日ニュースが流れるたびに、辛くなる。ひどすぎる、人間ができることじゃない。こんな人間どもが日本にいたとは・・・
    どんな教育してるんだ。川崎教育委員会・学校関係者も同罪だ。それと、いいかげんな処置をした警官にも、腹がたつ。加害者の親のアリバイ作りも、今後どうするんだろう?
    こっちがおかしくなりそうだ。

  5. 二児の母として より:

    上村遼太くんが殺害されて日々沢山の情報や犯行時の自白が出てきて聞くたびに心が震えます。
    まだまだ小さい13才の素直な男の子が 酷いリンチで絶命させられたことが悔しいし辛い。遼太くんはどんなにその時 怖く痛く 苦しかっただろうか。最後までお母さんに助けて欲しかったのだと思うと言葉に表せません。
    遼太くん 今はただひたすらにやすらかに。
    御冥福を祈ります。

  6. 大人として より:

    色々調べてアップして下さったのだと思いますが。自分の家族や家などのプライバシーが、世間にさらされてしまう事を、被害者の上村くんは望んだだろうか?と思ってしまいます。上村くん自身の事は事件が風化しない様に心温かい皆さんに覚えていて欲しいと思いますが、被害者の家族やプライバシーはそっとしてあげておいて欲しいと思います。代わりに、被害者暴行にかかわったグループのメンバーと、現在逮捕されている加害者3人については、いかなる理由が有ろうとも、すべての事を公開するべきだと思います。

  7. 悲しすぎる より:

    娘が高校1年のせいか、ネットで色んな情報が出ているが、知ると苦しくなるが、どうしておこった事件なのか真実を知りたくなってしまう。他にも見ていたり、動画を見てた子供達がいたという説もあるが、本当なら、その子供達は反省や後悔で苦しんでいるのだろうか?悪い事してないつもりで生きられたら(。-_-。)将来不安になる(。-_-。)環境の事を言う人が多いが、この事件をきっかけに何かを変えて行かなきゃならないと強く思う。子供の頃に、第三者達が手を差し伸べれる環境に変化させるのは無理なのだろうか

  8. ケーキ好きけん より:

    上村君いじめられても周りに助けられなかったのか上村君も我慢なんかしてたのか周りに強く言えずいたのか何か助かる方法なかったかなと思う犯人は何かひどいと思います今回事件は僕も一番悲しい感じしました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。