海上自衛隊ヘリコプター墜落事故!悲劇に遭った訓練生の想いとは

堕落
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先月のヴァレンタイン前日に飛び込んだニュースとして記憶にある方も多いと思う。鹿児島県伊佐市の上空で海上自衛隊のヘリコプターが行方不明となり、宮崎県えびの市で墜落してるのが発見されたニュース。

海上自衛隊基地のある鹿児島県鹿屋市を取材したところ、墜落したヘリコプター操縦士に関して話を聞けた。

犠牲になったのは、群馬県出身の20代訓練学生。この訓練生は不器用な面があり、飛行訓練にも苦戦することが多かったようだ。小型ヘリの訓練を始めて約7カ月、別の基地では小型飛行機の訓練も約5年間経験するなど、夢だったパイロットになる為、必死に努力していた。そして、「次の試験で必ず!」という思いが強かったという。

そして、悲劇に遭ってしまった訓練フライト。
それは操縦士の資格試験まで最後の1回だった。

事故の一報を聞いた両親は、群馬県から自衛隊機で病院へ駆け付け「操縦士の記章のウイングマークを付けさせてあげたかった」と涙した。後日、鹿屋航空自衛隊でも行われた葬儀では、多くの隊員が整列し、悲しみに暮れた。園田群司令は事故を謝罪し、「若い学生と同僚隊員を失うことは本当に悲しい。ご家族の気持ちを思うと耐えられない」とコメントを出した。

夢の為に必死に努力した若者。
夢半ばで悲劇に遭ってしまった彼の心情を思うと心が痛い。
一度しかない人生、生ある限り夢を追い続け、必死に生きたいものだ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー鹿児島中央(0120-046-007)

総合探偵社ガルエージェンシー鹿児島中央 代表・大藤史生 長きに亘り調査現場の第一線で活躍した後、調査本部第二班班長、ガル探偵学校本校主任講師も務めた日本屈指の名探偵。あらゆる調査を解決に導く手腕はご依頼者様や弁護士からの信頼が厚い。「誠心誠意」サービスを提供する事を信念とする。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。