【探偵の休日】地元名士と密会する探偵の秘密を暴け

探偵の休日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々なトラブルの解決に日々北へ南へと奔走する探偵。ただでさえ連日連夜物騒なニュースが世間を騒がせ、全国を巨大な悲しみとストレスが覆い尽くす。そこで、たまには事件ではなく、探偵のとある休日をご紹介しよう。

ありとあらゆる事柄に興味がある私は趣味も幅広い。機械・乗り物・スポーツや自然も楽器も何でも好きだ。様々なグループやクラブに属し、技術向上と親睦に励んでいる。この時期は山女の解禁がある。そう、渓流釣りだ。

関東にもたくさんの渓流釣りスポットがある。もちろん地域の漁協にも所属しているので自由に出入りして釣りができる(無断で釣ったら違反の場所が多い)。

探偵はあらゆる団体・グループに所属して情報のアンテナを張り巡らせている。

探偵はあらゆる団体・クラブ・グループに所属して情報のアンテナを張り巡らせている。

 

渓流にはマイナスイオンが溢れ、全身が20歳若返ったようにリフレッシュできる。

マイナスイオンが日々の疲れを吹き飛ばしてくれる

探偵の休日。マイナスイオンが日々の疲れを吹き飛ばしてくれる。

 

しかし、探偵はただただ魚を釣って帰ってくるわけでもない。
渓流には多種多様な人物が釣りに来る。それも平日の午前中に釣りに来られる方々ともなればゆとりのある方も多い。この日も地元企業役員の男性と意気投合し釣りの後食事をして帰ってきた。地域に根差して顔の利く方々とネットワークを構築するのも探偵にとって重要なことなのである。

日の出から9時半ころまでの約3時間でこの釣果。

ヤマメとマス

ヤマメとマス。帰宅してもまだ生きている。釣り自体は鮎が奥深く面白いが味は山女がいい


私も男性もお互い午後は仕事があったので9時半で竿を仕舞い、ブランチを食べで山を後にした。

幅広い趣味を持つメリットは、この日のようにネットワーク構築という間接的なこともあればもちろん直接的な事も多くある。調査対象者にだって様々な趣味があり、例えば釣りが趣味の対象者には釣りのツの字も知らない人間より詳しい人間が調査に当たったほうがあらゆる面でいいに決まっている。

より良い調査を提供するために無駄なことは一つもない。日々の精進が大切なことなのだ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー東京西部(0120-78-4143)

M大付属中ラグビー部→少年自衛官→様々な職を経験後会社設立→新宿歌舞伎町の飲食店経営やタイ王国での会社経営等を経て、26歳で探偵に。様々な経験と豊富な世界中のコネクションを生かし、国内はもとより国境を越える依頼も数多くこなす国際派探偵。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。