セックスが風前のともしび…「面倒くさいから」「仕事で疲れているから」、それでいいの!?

shutterstock_221547388
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚しているのに1か月以上性交渉のない「セックスレス」。

このたび日本家族計画協会が全国の16〜50歳未満の男女614人を対象に調査したところ、セックスレスの人の割合が10年前に比べると約13ポイント増えて、全体の半数近い44.6%に上ったそうです。

ちなみに、セックスに積極的になれない理由として、男性で1番多かったのは「仕事で疲れている」(わかる…)。その後に「出産後何となく」「現在、妻が妊娠中か出産後すぐだから」が続きました。

一方、女性は「面倒くさい」という理由がもっとも多く(身も蓋もありませんね)、「仕事で疲れている」「出産後何となく」が続きました。

これは世界的に見てどうなんでしょうか? そう思って調べてみたら、ありました。国別のセックスの頻度ランキング。

1位はギリシャの年138回。ほぼ3日に1回の割合でセックスをしている計算になりますね。そして、我が日本はというと…年45回で41位。8日に1回くらいの計算になるので、こちらの調査ではそこまで深刻なセックスレス状態ではないようです。

それでも1位のギリシャと比べると約3分の1しかセックスしていません。いかに日本人がセックスに対して消極的かということがわかります。

たかがセックスレス、されどセックスレス。高齢化並びに少子化社会を迎えつつある日本では、決して見過ごすわけにはいかない重要な問題だと思います。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー渋谷(0120-1327-55)

高校時代は甲子園出場を果たす程の体育会系。 現在はTV等でも活躍する名物探偵。浮気調査・行方調査において特に信頼と実績があり、裁判の証拠資料としても定評がある。弁護士・司法書士等とのネットワークにより、アフターフォローも万全!

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。