名古屋発!全国展開するコメダ珈琲店の秘密に迫る!?

20150311102148(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋から全国へ発進しているカルチャーの中に喫茶店「コメダ珈琲」がある。
愛知県民にとってはお馴染みの店であり、今や関東・関西でも浸透しつつある。

そんなコメダ珈琲店の人気の秘密を探るべく、名古屋市瑞穂区にある「コメダ珈琲本店」に突入してみた!!

          20150311102148(1)
            (コメダ珈琲本店の外観)

本店と言えど、いつもと変わらないコメダ珈琲の独特の空間がそこにはあった。
         DSC_0017
             (コメダ珈琲メニュー)

メニューもいつもと同じである。
本店だからといって、特別なメニューがあるわけでもない。

……ん!?改めて見てみると、軽食がパンメニューしかない!

メニューを絞ることで、どこでも誰でも同じ品質の商品を提供できるからこそ、お客の支持を受けて急速に発展できたのではないだろうか。そこで、店員と親しげに話していた常連客にインタビューをしてみた。
          コメダ    (メニューを見ずに「いつもの」と店員に話した50代男性)


調査員「コメダ珈琲はなぜ、ごはん物がないのか知っていますか?」
50代男性「それは、コーヒーに合わないからだよ。
      コメダ珈琲は喫茶店なんだから、コーヒーを楽しむ場所でしょ」

なるほど、言われてみれば確かにそう感じる。
確認のために、株式会社コメダ珈琲の開発部にも聞き込みを行う。


(コメダ珈琲の開発部担当者)
「その通りです。弊社はファミリーレストランではなく、喫茶店なのでコーヒーに合う軽食しかお出ししません。お客様にコーヒーを飲みながらくつろいでもらう空間を提供するのが、わが社の理念です」

この信念があったからこそ、コメダ珈琲は全国的に展開されたのだろう。
シロノワールなど女性に好まれるメニューがあるのも強みだと感じた。

      シロノワール
              (シロノワール)

調査員 J.Y.

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。