民法改正120年ぶり?!改正は我々の生活に密着した内容に!

民法が改正に!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は法治国家である以上、法律のもとに我々の生活が存在している。しかし、多くの方は法律をよく知らない。無知である、という。人はどうしても、自分に差し迫ったこと以外はインプットしない。必要性が無ければそれも致し方ないのだが・・・。探偵業もご多分にもれず、法律に守られ縛られる。その意味で必要な知識が多岐に渡るため、他ジャンルのお仕事の方より多少、詳しくならざるを得ない。

様々なお悩み事の解決をモットーとする我が社には、トラブルを抱えた多くのお客様がいらっしゃる。当然、訴訟を前提に考えている、あるいは訴えられているといった裁判へ発展していくものも少なくない。離婚に次いで多いのは、お金を巡るトラブルだ。貸したお金が返ってこない、騙し取られた、などなど。そしてそのようなトラブルでお悩みの方は、年々増えているように感じる。

そういった現状を鑑みてなのか、法律も再整備がされることになった。民法の
「契約」に関する規定が改正される見込みだ。実に民法制定以来、約120年ぶりの改正になる。大きなポイントは売買契約時の「約款」のルールを作る、お金の貸し借りの時効、賃貸住宅の敷金、連帯保証人に関する取り決めなど、実生活にかなり身近な内容だ。

120年も同じルールというのは無理がある。特に昨今は様々な業態が目まぐるしいスピードで変化している。また、水面下で燻っていたような問題も、情報の伝達速度がネット等によって上がったため、すぐに分かるようになった。庶民の生活が守られる改正はどんどんされるべきである。そして、今回の法改正は本当に守られているのかを確かめるためにも、法律を今一度きちんと知ろうというきっかけになると思う。

民法が改正に!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー赤坂(0120-720-786)

探偵歴10年以上のベテラン。過去、数多くの難事件を解決してきた。探偵としての「洞察力」や「観察力」そして「分析力」には自信がある。各界に多くの人脈を持ち、情報量も群を抜く。「モットーは懇切丁寧、小さな調査でもまずはご相談!」。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。