逆恨みで被害者家族のプライバシーを晒す執念…淡路島5人殺害事件、平野達彦容疑者精神鑑定へ!!

B_vDvT-UIAAByJU
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月9日、淡路島(兵庫県洲本市中川原町)で発生した、男女5人の刺殺事件。

平野達彦容疑者(40)が犯行で使用した凶器はサバイバルナイフだったことが判明した。また、殺害された5人のうち、3人に10〜30か所の刺し傷や切り傷があったという。

DSC00313
立入禁止の黄色い規制線の向こうに見える平野容疑者宅

DSC00295
平野容疑者宅

DSC00308
いまだに取材を続ける多くの取材陣

20150310164506(1)
立入禁止の黄色い規制線の向こうに見える墓地内の平野家之霊標

今月末の29日には、地元の住民が楽しみにしていた「炬口八幡神社(タケノクチハチマンジンジャ)春まつり」が開催される予定だった。

DSC00005
容疑者宅の近所にある掲示板に貼られた春まつりの案内

地元の人に話を聞いてみると、

「桜が咲いて模擬店も出るから楽しみにしていたのに」

「49日も済んでいない時期の開催なので、今回ばかりは中止にせざるを得ないのでは」

「私も平野ですが、平野さんが平野さんを襲うとは(殺人事件が起きた集落のほとんどの名字は平野姓だった)…。こんな状況で祭りが行われても楽しめません」

などと言っていた。

被害者家族に対して5年前から執拗にネットで嫌がらせを行い、家族写真や自宅の地図などを晒していた平野容疑者。その異常な執念深さは小さな集落の近隣住民にとって、恐怖以外の何物でもなかっただろう。

意味不明な言動が多く、精神科病院への入退院を繰り返していたことから、責任能力を問うために精神鑑定が行われるという。

平野容疑者は「裁判ですべて話す」として、現在黙秘を貫いている。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー徳島(0120-01-9494)

探偵歴25年、徳島県と香川県で展開しており、関西・四国ブロックでは古参であり、副ブロック長を務める。テレビ出演や雑誌での取材協力、密着取材など多数のメディア出演の経歴を持つ。浮気調査・素行調査では調査後のカウンセリングに定評があり、地元の弁護士からの信頼も厚く、多数の依頼を受けている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。