新妻が抱く夫への不信感!一流企業に勤める夫から突きつけられた現実とは!?

花嫁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「離婚したいんです。夫の浮気の証拠を撮ってください」

依頼者は20代後半の妻。
結婚してまだ半年も経っていない夫婦であった。
夫は毎晩帰りが遅く、休日も家に居ない日が殆ど。
その事を追及すると暴力を受けるのだという。

01

実はこの奥様、結婚前にも相談に来ており浮気の相談を受けていた。
その時、彼女は彼を信じたい気持ちが強かったことと、貯金していた結婚資金を調査費用にまわす決断が出来ず、結局不安を残したまま結婚をしたのだった。
しかし、その後浮気の不安は確信へと変わっていったという。

調査を行ってみると、夫はかなりの遊び人だった。
毎晩の様に合コンやキャバクラに通い遊び三昧。
そして休日は女性のマンションへ……。

02

報告を受けた依頼者は、結婚した事をとても後悔していた。
「打算的な結婚でした……」
夫の勤務先は大手広告代理店。彼が遊び人という事はわかっていたものの、彼女は「彼の収入」に惹かれて結婚を選んだのだ。

03

その後依頼者は、バツイチになった。
「あのとき調査をしていれば、結婚はしなかったと思います。私は判断を誤りました……」依頼者は最後にそう言った。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班

ガルエージェンシー本部直属の特別捜査班。 事件との対峙を主な任務とし、選ばれた精鋭が集う。 海を超える情報網とその捜査力は圧巻の一言。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。