政府公認のハッカーがついに誕生!サイバー上で仁義なき戦いが始まるのか!?

ハッカーアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

政府は今年度からサイバー攻撃対策の一環で、「正義のハッカー(ホワイトハットハッカー)」を登用するという。

ハッカーとは、コンピューターやネットワーク技術に精通し、深い知識や技術を持っている人のこと。

ハッカー

10年以上前に探偵がシステムエンジニアをしていた頃、サイバー攻撃する「ブラックハットハッカー」の対応をしていたことがある。

当時、「サイバー攻撃に対応するため、各民間会社の対策が必要なのは間違いないが、国が率先して専門家チームを作ったり、教育したりする必要性がある」という話を同僚とよくしていた。

ひと言でハッカーといっても、「システムに侵入する」「情報を盗む」「情報やシステムを破壊する」「システムを止める」「システムを牛耳る」「ホームページなどを改ざんする」など、攻撃内容はさまざま。

また、ハッキングにも腕の良し悪しがあり、「情報を盗む」ことを「金品を盗む泥棒」に例えるとわかりやすいだろう。

・住宅に窓を割って侵入し、手あたり次第引き出しを開け、散らかしたまま欲しいものを持ち去る

もう一つは、

・侵入経路、痕跡(指紋・足跡)を残さず、持ち去ったものだけでなく、侵入したことさえわからないくらい周到に痕跡を消す

両者を比べると、明らかに後者の方が「レベルが高い」ということになる。

ハッカー02

とはいえ、ハッカー全員が悪者というわけではない。中には正当な抗議の手段として持っている技術を使う場合もある。

ハッカーは他の人が気づかない(気づけない)ことに対して、高度な技術と抜群のアイデアで目的を達成するという見方もできるのだ。

日本は、他の国々よりハッカー対策に遅れをとっているという話は昔からよく耳にしていた。今回の正義のハッカーグループの立ち上げには大いに期待したいものである。

ガルエージェンシー渋谷 調査員

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー渋谷(0120-1327-55)

高校時代は甲子園出場を果たす程の体育会系。 現在はTV等でも活躍する名物探偵。浮気調査・行方調査において特に信頼と実績があり、裁判の証拠資料としても定評がある。弁護士・司法書士等とのネットワークにより、アフターフォローも万全!

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。