【三重中3女子死亡】花火帰りに暴行・遺棄した少年に判決、遺族の思い届かず無念の涙

20150324174146(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主文、被告人を懲役5年以上9年以下の刑と処する

      DSC05669 (1)

三重県中3女子殺害事件について、強制わいせつ致死と窃盗の罪に問われた少年(19)に対し津裁判所は24日、判決を下した。
この事件は2013年8月、中3の女子生徒が花火大会の帰りに三重県朝日町の空地で当時18歳の少年に暴行され窒息死した。着衣は乱され財布から現金6千円が抜き取られていたという、少年による凶悪犯罪だ。

判決日を迎えた裁判所前には、多くの報道関係者が撮影やリポートをしていた。また、注目の判決を傍聴する為に、総勢293名が24席の傍聴席の抽選に並んだ。判決に多くの人々が関心を持っていることが窺える。

 DSC05688 (1)

DSC05696 (1)

運よく我々も傍聴することができた。 午後3時になり開廷。傍聴席の最前列に被害者遺族、加害者家族がそれぞれ着席した。その後、裁判長及び検察が入廷。最後に灰色のジャケット、紺色のズボンを着用した少年が入廷し、いよいよ裁判が執り行われる。

 裁判長が少年に対して事件の内容を淡々と読み上げられる中、少年は裁判長の「間違いはないですか?」という言葉に「はい」と答え、終始顔を俯かせたまま裁判長の言葉に耳を傾けている様子であった。「主文。被告人を懲役5年以上9年以下の刑と処する。」と、判決が言い渡されても少年は動揺した様子を見せる事は無かった。続いて裁判長が判決が下された理由をこう述べた。
「少年の共感性の乏しさは刑を減ずる理由にはならず、保護観察処分にする理由もない。15歳の被害者の尊厳を損ない取り返しのつかない結果を引き起こした。よって、被告人を懲役5年以上9年以下に処する。被告が事件に向き合って反省しているとは思えない、しっかりと罪に向き合うことが被害者への謝罪でもあり、立ち直るために必要である。」

閉廷後、被害者家族は判決に不服があるとして、検察に控訴を求めた。

20150324181127(1)

 

20150324174146(1)

会見では「裁判所は今回の事件は凶悪、悪質と言っている。こと少年に至っては反省の色が見えない。にも関わらず1年減らした9年とはなんなのか?遺族としてはたかが1年、されど1年。とても残念。」と、 被害者の父親は強い怒りをあらわにした。母親は時折涙をぬぐい、言葉に詰まる。少年は最短で3年程で仮釈放される。15歳の尊厳を踏みにじった罪を償うには短すぎるのではないか。 裁判員裁判では、遺体発見時の写真を裁判員に見せたが、その写真は白塗で修正されていたという。被害者の父親は事件の凄惨さを知ってもらったうえで、審理するためにも修正はしないでほしいと事前に訴えていたが、裁判員に配慮して写真を修整したことにも強く非難した。

「裁判員には配慮されたが遺族には配慮されなかった。」

愛する娘を惨殺された遺族の無念は計り知れない。どんなにむごくても「真実が知りたい」と、被害者の父親は最後まで訴え続けた。しかし、少年は法廷でも真摯に向き合おうとはせず、肝心なところは「記憶にない」と返答。被害者の父親の声は少年に届くことはなかった。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー三重(0120-473-007)

1997年の設立以来、18年目を迎える支社。三重県随一との呼び声も高い調査力は他社を圧倒、地元弁護士からの信頼も厚い。紹介の多さとトップクラスのリピーター率が評価の高さを表している。浮気調査・行方調査に絶対の自信を持つ。

関連記事

コメント

  1. 匿名 より:

    早く出てきて被害者家族でリンチしましょう!

  2. 匿名 より:

    これだから韓国人は…

  3. 匿名 より:

    >傍聴席の最前列に被害者遺族、加害者遺族がそれぞれ着席した
    加害者遺族って?

  4. […] 【三重中3女子死亡】花火帰りに暴行・遺棄した鬼畜少年に判決、遺族の思い届かず無念の涙 | 探偵Watch(探偵ウォッチ) より: 2015-03-26 10:24 […]

  5. 匿名 より:

    加害者遺族ってなんだ?

  6. 匿名 より:

    5年以上…短い!

  7. 匿名 より:

    こんな緩い判決するから、その程度ならいいやらやっちまえってバカがでてくんだろう。
    簡単に死刑にする国になれ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。