【不思議】夏のオリエンタルランドには蚊が居ないってマジ?(後編)

TDS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のつづき

テーマパークの水を利用したアトラクションには、ろ過装置を設置し水を効果的に循環させることで、その水質を維持管理しているというオリエンタルランド。そんな東京ディズニーランド、ディズニーシーの水についてですが、実際に大量に使うところといえば、やはりトイレです。

混んでいる日の女子トイレは外まで並んでいる光景を目にします。変な話で恐縮ですが、女性はたいてい2回水を流しますよね?で、直ぐ次の人が入ってまた2回流す、と。おそらく、タンクにたまるや否やすぐに流すので、水はある意味出っ放しなのではないでしょうか?園内全体のトイレでジャージャー流しっぱなしの状態になってる訳ですよね?それだけでも物凄い量の水が必要です。

飲食店でももちろん水を使いますし、夏場はミストを噴いたりしていますから、考えられないくらいの上水を使うことが想像できます。上水を使えばその分下水に流れるので、下世話な話ですが上下水道代って大変な額になるかと思います。

あの巨大な園に掛かる水道代を何十年も先まで考えると、莫大な初期投資を掛けてでも水処理施設を作ってしまった方がコストダウンになるという計算があったのでしょうか。
オリエンタルランド園を訪れるゲストはいちいち「水」に対する対策に関心していないのですが、どれ一つとっても、オリエンタルランドはやっぱり見事ですね。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。