【オワハラ】就職活動が大幅に変更!大企業と中小企業が逆転!?【ソー活】

ソー活
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春は就職のシーズン。新入社員の皆様は張り切っている事だと思う。
そして来春卒業を控えた学生は就職活動に動き始めているだろう。しかし、経団連の指針により2016年3月に大学を卒業する学生たちの就職活動が大幅に変わるようだ。

まず、スケジュールが前倒しに。
例年は大学3年の12月に企業の広報活動が開始、大学4年4月に面接開始、10月に内定式の流れだったのが、16年卒からは大学3年3月に広報開始、大学4年の8月に面接開始、10月に内定式となる。

しかも、変更になったのは他にも。
15年卒までは外資、ベンチャー、大手、中堅、中小の順に選考が始まったが、16年卒からはそれが逆転。中堅、中小が先に選考し大手が続く。

この「採用選考に関する指針」に縛られるのは大手を中心とした経団連加盟企業のみ。非加盟企業には拘束力は無い。中小企業では内定を出したところもチラホラ。また全ての加盟企業が「指針」を守るわけではないと言う。

7a0de9f73b4ffa8309b42379a4553364_s

そこで大手はまだ接触すらしていない学生達に就職活動を終えて自社に来るよう働きかける。この行為は職業選択の機会を奪い学生に対する「ハラスメント」であり、一部の採用担当者の間では「オワハラ(終われハラスメント)」とささやかれているようだ。

16年卒は15年卒に続く売り手市場。早く内定を出した企業は「内定者囲い込み」に精を出し、内定者辞退防止を進めるだろう。

バブル期に就職した私は「内定者囲い込み」の経験者だ。当時、内定後に食事会はもちろんのこと、まわりでは海外旅行などにも行った者もいた。なんともバブリーな話であるが、先行のピークが分散する今年はいつまで内定者のケアをすればいいのかつかめない様子。

ここで登場するのが「ソー活」。ee90bf847b021788195b691d73ca0889_s


就職活動時にブログやSNSといった「ソーシャルメディア」を活用することである。学生たちは複数内定時、就職先を決めるときに参考にするのが先輩や同期の人柄。企業側では内定者限定のSNSを用意するなど入社したい気持ちを高めるためにこういった戦略をとるようだ。

就職活動時にFacebookなどを活用する学生も多いようだが、注意が必要である。双方向的なSNSで情報交換ができるので注目されているが、自分のプライベート写真なども企業側に見られてしまうからだ。基本的にSNSはオープンな場であることを認識して書き込みには気をつけよう。また、自分を良く見せたいがゆえに「演出」した書き込みも避けるべきだ。それで就職できたとしてもすぐにかぶった「猫」も逃げてしまうだろう。“ありのまま”の自分でいざ勝負!

SNSを使用したトラブルの発生も考えられる。
学生の皆様への注意喚起のためにも情報収集をすすめていこうと思う。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー埼玉(0120-110-325)

1999年に設立。以来、数多くの調査を受件し、埼玉県内で随一の調査力との呼び声も高い。その圧倒的な調査力が評価されて、弁護士からの信頼の厚さは抜群。また、相談員の親身なカウンセリングとアフターケアにリピーターとなる依頼者も多い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。