維新の党の副代表が風俗遊びを飲食代に偽装?暴露情報に騒然!その真偽は

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

維新の党の副代表を務める衆議院議員の谷畑孝氏を批判するツイートが拡散され、騒動に発展した。

発端は、維新の党に対して批判的な人物による以下のツイートだった。「谷畑孝後援会(谷畑孝と虹の連合)収支報告書33ページ目より 東京都足立区に存在しない地名が!」。当該資料のPDFファイルを見ると、政治活動費の項目に、平成25年12月26日に飲食代として26000円の支出があったと書かれている。

 

01

 

飲食代が支払われた業者の住所が、「東京都足立区大塚」という実在しない地名となっている。しかも、住所の一部が手書きで加筆されている。上記のツイートをした人物は風俗業界の関係者だそうで、当該の業者は足立区のデリバリーヘルスが御用達のホテルであると指摘した。

風俗店に支払われた代金が含まれた金額で、店と提携しているホテルが領収書を発行したのではないかと推測した。また、業者の住所が加筆されていた点に関して、領収書の改竄の可能性を指摘した。PDFファイルのキャプチャー画像には、「デリヘルのお姉ちゃんでも『飲食』したのかな?」、「収支報告書、虚偽記載」と書いている。

 

02

 

さらに、これらのツイートをまとめて、Togetterに掲載した。すると、谷畑氏が虚偽の記載をしたという指摘への反論がコメント欄に書き込まれた。「足立区大塚」は、正しくは「文京区大塚」であるという。文京区大塚という地名は、都内に実在する。

また、26000円の支出がなされた業者の住所を、番地や部屋番号まで含めて検索すると、文京区大塚に該当するものが見つかった。業者名も一致し、国会内にて営業している寿司屋の事務所であると判明。業者のホームページによると、店舗は国会内だが、事務所だけ文京区大塚に置かれているようだ。

以上の指摘と共に、一連のツイートの訂正や谷畑氏への謝罪を求める声が相次いだ。それに対して情報を拡散した当人は、「おもしろおかしく会話しただけ」、「いくつかの事実を歪曲して表現する。これは、元々橋下徹のお家芸でもあるわけですよ」と述べ、訂正や謝罪を拒んだ。

 

03

 

当サイトでは、谷畑氏の事務所への取材を試みた。だが、留守番電話になっていて、本記事配信時点までに連絡がつかなかった。

 

 

その他の証拠画像

 

04

 

05

 

06

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。