人生で起きる不運の被害を最小限に抑える方法

人生で起きる不運の被害
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生で起きる災難や災害について、これは天災に限らず、人災も含まれます。
むしろ対人問題でのトラブルの方が、日常的に起こりうるだけに頭を悩ます事は多いのではないでしょうか。

ただ、天災も人災も共通して言える事がひとつあります。
それは、「環境や他人は変えられない」という事です。

飲酒運転の車が突っ込んで来て車いす生活を余儀なくされてしまった。賠償金は出たが、夢や希望、将来の計画、体の自由までも・・・すべてを奪われてしまった思いは、たとえようのない苦しみだと思います。

いくら支払われようが、相手に同じ目をあわせ復讐しようが、気持ちが晴れる事はないでしょう。復讐などをしようものなら(程度にもよりますが)法律で罰せられる事になります。
不運

生きていれば多かれ少なかれ誰もがこのような体験をするでしょう。
これを回避する方法は「距離」をとる事です。

天災は予期出来ない場合がほとんどなので限界がありますが、人の場合は距離を保つ事で人災に巻き込まれる可能性は低くなります。他人の人生に干渉しない、他人の価値観を否定しない、自分も含め、すべての人間は自分の考えや価値観が正しいと思っている・・・つまりは人といざこざが起きない距離を人間関係において保つという事です。

ガードレールの内側を歩いていれば、運が良ければ治す事が出来る怪我で済むかもしれません。自分の行動や言動を変えれば、より幸せを選択出来るようになります。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー吉祥寺(0120-25-3336)

東京生まれの東京育ち。23区内から都下の隅々まで熟知し、土地勘がものを言う尾行には絶対の自信を持つ。浮気調査は特に依頼者から絶大な信頼を得ており、リピーターや弁護士からの紹介案件も多い。10年以上ノークレームの探偵。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。