【驚愕】野菜嫌いの男性は〇〇!遺伝子レベルで離婚しやすい傾向が分かる!?

meguro066
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「不倫」「性格の不一致」「スピード離婚」など芸能人の離婚ニュースが世間を騒がしていますが、現在、日本人の3組に1組が離婚している事をご存知だろうか。厚生労働省の発表によると昨年の婚姻数は約65万件、そして離婚数は約22万件となっている。

meguro067

年間の離婚数を時間で割ると実に2秒に1組が離婚している計算になる。
しかし、何故ここまで多くの方々が離婚に至ってしまったのだろうか。我々探偵は仕事柄多くの離婚を目の当たりにしてきた。我々が携わる離婚事由はやはり
「浮気」による不貞行為が多い。その他の理由に対しても多くの調査依頼、またご相談が舞い込んでくる。

meguro068

その為、離婚に至るまでの研究や統計など日頃から目を通しているのだが、その中でいくつか興味深い内容があったので今回ご紹介したいと思う。それは日々の生活の中での性格の不一致などでは無く、遺伝子レベルと言えば大袈裟だが、人として離婚しやすい傾向が分かると言うものだ。

例えば、

野菜嫌いの男性は夫婦喧嘩しやすい傾向にある

これは野菜嫌いで肉好きな男性は、男性ホルモンが多く、喧嘩をしやすい傾向にある。そして相手の女性も肉好きだと、お互い闘争本能が強くなり、激しい夫婦喧嘩が起こりやすく最終的に離婚にまで発展する場合が多いそうだ。また野菜好きの男性と肉好きの女性が結婚した場合、男性に対し女性がDVをする可能性が高くなると言われている。その為、結果として草食系同士が結婚すると長続きするそうだ。

 「サプライズ好きな男性の結婚は長続きしない

これは女性が結婚前にはサプライズ型のプレゼントを喜ぶが、結婚後は安定志向になり経済的に無理が無い事を望む女性が多い。その為、サプライズをした側の男性は女性の反応に落胆し、気持ちに変化が生まれると言われている。

 「相手を“くさい”と感じたら遺伝的に合わない

相手のにおいに違和感が無いと感じた人(臭くない人)は遺伝的にあっている。相手のにおいに違和感があると感じた人は、遺伝的に合っていない。匂いの印象は、脳の思考を無意識に悪い方向へ持っていくと言われおり、相手にわきの下の匂いを嗅いで違和感があると感じた場合は遺伝的に合っておらず、離婚する可能性が高くなる言われている。

この様に性格の不一致では無く、味覚、嗅覚などによって離婚に至ってしまう可能性があるのだ。誰もが一生を添い遂げると誓った上で婚姻するが、そこは他人同士が一つの家族になる為、合わない事が多くあると思う。

meguro069

しかし、そこで相手を裏切り不貞行為に走るのは許されるものでは無い。我々探偵は浮気調査を行うことにより、これまで多くの依頼者様に調査結果をお渡ししてきたが、不貞の証拠を知った依頼者様の悲しい顔は一様に皆同じである。もしそんな可能性が自分にはあると思ったら今一度しっかりと相手の事を考えて頂きたい。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー目黒(0120-444-932)

JR目黒駅から徒歩10秒の支社。幅広い人脈を活かした情報収集、最新技術を駆使した映像、人生経験豊富なスタッフによる万全のカウンセリングで依頼者からの信頼は厚い。1番得意とする浮気調査は、調査後のアフターケアも万全。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。