子供たちに人気の職業ランキング2位!あの職業の光と影とは?

lgf01a201311192000
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の頃、思い描く将来の夢。中でも特に人気の高い職業はプロスポーツ選手だが、先日その元選手がある事件を起こした。

1月29日午前8時10分ごろ、元プロ野球選手中西有希人容疑者(37)が、隣家の会社員女性(56)宅の2階ベランダに干してあった下着を、自宅から釣りざおを使って盗もうとしたとして2月10日に京都府警に逮捕された。中西容疑者は「壊れた釣りざおを修理しようとして、さおを伸ばしていただけで、下着を盗もうとはしていない」と、何とも情けない言い訳をし、容疑を否認しているそうだ。

中西容疑者は1996年に東山高(左京区)から投手として日本ハムにドラフト7位で入団。1軍の出場機会はなく、2000年に戦力外通告を受け、退団している。プロの道で活躍できるのはその中でも一握りで、大半はプロになっても道半ばで辞めていく。その中には解説者で芽が出た人もいれば、このように犯罪に手を染めてしまう人もいる。今回は元有名スポーツ選手の起こした犯罪を取り上げてみた。

suport  (2)

・江夏 豊
日本の元プロ野球選手(投手)。日本記録であるシーズン401奪三振、最優秀救援投手5回などを記録。引退後は解説者、評論家として活動したが、1993年3月3日、覚醒剤所持の現行犯で、覚せい剤取締法違反により逮捕される。

・小川 博
日本の元プロ野球選手(投手)。1984年のドラフト2位でロッテオリオンズに入団。退団後は球界を離れ、産業廃棄物処理会社に就職したが、2004年11月18日に上尾市の会社会長宅で強盗殺人を起こし逮捕された。現在、服役中。

・渡辺 二郎
日本の元プロボクサー(元WBA・WBC世界スーパーフライ級王者)。引退後は実業家、ボクシング解説者、講演家、タレントとして活躍していたが、1995年に恐喝未遂事件で逮捕・起訴猶予処分で釈放。その後、殺人事件で使用された自動小銃の売買に絡み銃刀法違反で逮捕・起訴され、公判では実刑判決を受け服役。2004年に出所したが、2007年には羽賀研二未公開株詐欺事件で逮捕・起訴され、懲役2年の2審判決が確定。この際、暴力団関係者であることが報じられた。

・前園 真聖
日本の元サッカー選手(元日本代表MF/FW)。2005年に引退を表明し、解説者を務める。2013年10月13日に酒に酔ってタクシー運転手に暴行を加えた容疑で逮捕され、翌日に処分保留で釈放、謝罪会見を行いたのは記憶に新しい。


テニスの錦織選手やゴルフの松山選手等、世界で活躍する日本人スポーツ選手が増える中、どうか選手たちには子供たちの憧れる背中を見続けさせて欲しい。
suport  (3)

(著:Ryo)

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー川口埼玉(0120-918-681)

長年に亘り自動車メーカーの保険業務に携わった後、ガル東京赤羽を開設。2017年に川口市に移転(ガル川口埼玉)。前職での経験を生かし、探偵調査部門と平行して保険部門で損害保険の代理店も運営する。依頼者と一緒に問題解決しようとする姿勢には定評あり。弁護士からの信頼も厚い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。