サガン鳥栖DFキム・ミンヒョク選手の踏みつけ行為…サガンの運営会社とサポーターに突撃!!

20150407-OHT1I50018-S-e1428393831301
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月3日に行われたサッカーJ1の鹿島アントラーズ対サガン鳥栖戦で、鳥栖のDFキム・ミンヒョク選手(23)が、競り合って倒れた鹿島の金崎選手の顔を踏むというラフプレーがあった。

20150407-OHT1I50018-S-e1428393831301

鹿島の関係者によると「金崎選手にはスパイクの跡がくっきり残っていた」という。この悪質な行為は海外でも報じられ、大きな波紋を呼んでいる。

試合後、鹿島側からの申し立てにより、映像の確認や当事者からの事情聴取が行われた結果、キム選手は4試合の出場停止処分を科されることになった。

この決定を受けて、サガン鳥栖の本拠地である佐賀県鳥栖市を訪れ、サガン鳥栖を運営するサガンドリームスの社員に話を聞いた。

01

02

複数の社員に話を聞いたが、「報道で初めて今回のことを知った」「映像は見たが、故意かどうかはあれだけでは判断できない」など、当然ながらキム選手を批判する声はない。

「クラブの人間としてお答えできない」と語る社員に、「クラブとしての意見ではなく、個人としていかがですか?」と尋ねると、「この場ではお答えできません」と口をつぐむばかりだった。

次に、鳥栖のサポーターが集まる、サガン鳥栖オフィシャルバーで話を聞いた。

03

04

「故意ではないと思いたい」「あの映像を見ても、故意にやったとは思えない」「実際のところ、サポーター間でその話はしない。触れたくないのが正直なところ」など、キム選手を擁護する声が圧倒的に多い。

その中で、熱烈なサポーターの1人は「正直に言うと、あれは故意だと思う。だからと言ってキム選手を嫌いになることはないが、サガン鳥栖の主力選手なので4回の出場停止は辛い」と語る。

そこで今度は、J2アビスパ福岡の本拠地である福岡県福岡市を訪れ、サポーターが集まるスポーツバーで話を聞いてみた。

05

(つづく)

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー博多駅前(0120-116-046)

福岡市・北九州市それぞれに事務所を置く。福岡県内はもちろん九州全土から山口県に至るまで土地を知り尽くし、バイク班を編成した機動力・調査力は群を抜く。調査後のアフターフォローにも重きを置き、弁護士や司法書士とも連携。また、「ご依頼者さまの為に」を合言葉に13年間ノークレームを継続している。

関連記事

コメント

  1. 黒木 より:

    どう見ても故意に踏みにいってるんだよなあ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。