キム・ミンヒョク選手顔面踏みつけ問題…サポーターの厳しい批判をかわすためのツーショット写真!?

10580158_412758622238205_5990737108633075598_n
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日のつづき。

01

福岡県福岡市のスポーツバースポーツバーのオーナーは、

「ウルグアイ代表のルイス・スアレスが試合中の噛みつき行為で4か月の出場停止になったが、今回のキム選手の行為はそれ以上の行為だと思う。選手生命にかかわる」

と語る。

Bq9FkkVCEAE4P-U

また、

「サガン鳥栖も処分を厳しくしないと、これが日本のサッカーなのかと見られ、国際社会から置いてけぼりをくらう。選手本人もああいう行為をするようなスポーツマンシップでは国際的に通用する選手にはなれない。間違った行為をした時は厳しく抗議・処分し、皆でサッカーというスポーツを高めていく必要がある」

と冷静に今回の問題を見ていた。

最後に、J2ギラヴァンツ北九州の本拠地の福岡県北九州市を訪れ、サポーターや選手などが訪れる焼鳥屋で話を聞いてみた。

02

03

「耳に噛みついた選手でも半年くらいの出場停止なのに、相手の選手生命が絶たれるかもしれない顔を踏む行為で4回の出場停止は甘すぎる」

「国籍の問題ではなく、人として、スポーツマンとして、キム・ミンヒョク選手はやってはいけないことをしたと思う」

「もし、自分の応援するチームの選手がああいうことをされたら猛抗議する」

「4試合停止とかで済ませてもらっては困る」

など、やはり鳥栖のサポーターとはまったく逆の意見。一様に今回の問題を重くみている。

その後、9日、キム・ミンヒョク選手が鹿島のクラブハウスを訪れ、踏みつけ行為を行った金崎選手に直接謝罪したというニュースが報じられた。

金崎選手は「肩を組んで笑って写真を撮ろう」とキム選手に提案、2人で肩を組んだ「和解」写真が鹿島の公式フェイスブックに掲載される。

10580158_412758622238205_5990737108633075598_n

問題の本質がうやむやにされたような気がして、モヤモヤするのは自分だけ!? これが「ちょっといい話」みたいになっていることに違和感を感じてしまうのだが…。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー博多駅前(0120-116-046)

福岡市・北九州市それぞれに事務所を置く。福岡県内はもちろん九州全土から山口県に至るまで土地を知り尽くし、バイク班を編成した機動力・調査力は群を抜く。調査後のアフターフォローにも重きを置き、弁護士や司法書士とも連携。また、「ご依頼者さまの為に」を合言葉に13年間ノークレームを継続している。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。