郵便ポストが燃やされる!?愛知県安城市で起きた悪質な犯行!

もえる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月31日。愛知県安城市で郵便ポストの中にあった郵便物が燃やされているのが発見されました。何者かがポストに火を入れたと思われます。
31日正午頃、郵便局員がポストに投函された郵便物、約300通を回収しようとしたところ、はがきや封書など10通が焼け焦げていたそうです。前日の午後3時半に同郵便ポストから回収した際には異常はありませんでした。
(朝日新聞の記事から)

ポストはどれほど燃えたのでしょうか?
実際に犯行のあった現場へ行ってみました。

 被害ポスト愛知県


郵便ポストの外観は焼け焦げた後などはなく、被害があった事の張り紙があるのみです。

ポスト張り紙

 
ポストの周辺は人通りが少ないということはありません。前の二車線の道路の向こうには大型スーパーがあります。ポストの近くで様子を伺っていると、およそ10分に1人の間隔でポストに郵便物が投函されていきます。

???????????????????????????????

ポスト周辺には、大型スーパーや喫茶店、駄菓子屋さんもあります。
事件の事を聞いてみました。

「店の目の前のポストだけど、新聞ではじめて知った。そういえば、ポストの周りで警察が郵便局の人と一緒に写真撮っていたから何かな?とは思ったけど。」


 このポストの回収時間は、午後0時と午後3時30分の1日に2回あります。事件が発覚した時間と同じお昼頃、同ポストに投函された郵便物を回収しに来た郵便局員さんにこの件について尋ねてみます。


親切に応えてくれたこの男性は、
回収の時に燃やされた郵便物を発見し通報された方でした。

回収したら燃えていた

「300枚ほどあった郵便物の回収袋の底のほうの10枚が燃えていただけで、その上に投函され続けた残りの郵便物は燃えずに済んでいました。投函された枚数が少ないタイミングでの投火らしく、前日の午後3時半頃の回収からそんなに時間が経っていない犯行だったかもしれないとの事です。火種は何なのか不明です。」

犯人はまだ捕まってはいません。
一体、何を思って燃やそうと思ったのでしょうか?

 

三河安城駅前:キタヤマ メグミ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー三河安城駅前(0120-517-016)

「ご依頼者様の味方になりたい」という静かな熱意を胸に秘め、愛知県にて活動する探偵。ドラマでイメージされるような探偵に見えない風貌と物腰で、かえってご相談者様から安心と信頼を得ている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。