【続編】たった1週間でナンバーワンになった人気風俗嬢に独占取材してみた!

風俗嬢
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事で紹介した風俗歴10年のTさん(28歳)。今回は彼女の月収からこのお仕事を続ける理由、嫌なお客様まで色々なことを聞いてみました。

Q なぜ風俗嬢になったのですか?
私が18歳の時、駅近くでもらったポケットティッシュに入っているチラシ広告を見て電話をしたのがきっかけです。仕事内容は書いていなかったのですが、給料がとても高かったのを覚えています。そして面接時にこの仕事がソープだということを知りました。当時はお金に困っていたのですぐに風俗嬢として働くことを決めました。

Q 1カ月に何人ぐらいお客さんを相手にするのでしょうか?
1日3人ぐらいなので、1カ月100人弱ですかね。

Q 1カ月の給料はいくらですか?稼いだお金はどんな事に使いますか?
月によって変わりますが、平均200万円ぐらいです。お金はエステやネイル、まつげエクステなど美容に使っています。自分を磨いて常に自信を持っていないとお客様はつきませんから。

Q 風俗嬢になって良かったことや、辞めたいと思うことはありますか?
私とお話をするためだけに来てくれたり、何度も指名してくださるお客さんがいるときは嬉しく思います。辞めたいと思ったのは、このお仕事を始めたばかりの時です。初対面の男性にご奉仕するのが慣れずに心が病みました。しかし、高額なお金をもらって美容に使うことがストレス発散にもつながって、その生活バランスが崩れるのが嫌で辞めませんでした。数日で普通のOLさんの給料1カ月分が稼げてしまうので、ほかのお仕事も考えられません。

Q 彼氏とのセックスと仕事でのセックスに違いはありますか?
そうですね。仕事では身体を売っても気持ちまでは売っていません。 彼とのセックスには愛情があります。私はいつもマグロですけど(笑)

Q お仕事をするうえで嫌なお客様はどんな方ですか?
ランキングにすると……
<1位>乱暴な方。身体が商売道具なので本当に困ります。
<2位>サービス外の事を要求する方。衛生器具の着用を拒んだりされると、こちらもサービスをする事が難しくなります。
<3位>プライベートをしつこく詮索してくる方。私たちは様々な理由でこのお仕事をしております。その理由はお客様にお話したくないこともあるのです。

Q 最後に、今後もこのお仕事を続けていく予定ですか?
私たちはお仕事として身体と技術を提供し、お金を頂いております。決して風俗のお仕事を正当化しているわけではないのですが、確実に需要があるのです。女性は何でも売れるときに売るべきです。他人に何と言われようと、どんな手段で稼ごうが、お金はお金なのです。私は需要がある限りこのお仕事を続けていこうと思います。


彼女は美意識が高く、風俗のお仕事に誇りを持っているのが印象的でした。
やはり人気ナンバーワンとなるとプロ意識がとても高いですね(*^_^*)

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー栃木第一(0120-494-007)

20年間、政界の窓口で様々な相談業務に対応してきた経験を活かし、探偵業を開設。現在、心理カウンセラー、法律事務所スタッフとしても活躍。ガルの女探偵として、面談からアフターフォローまで行い、依頼者第一主義の調査に定評あり。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。