チャンピオン 山中慎介選手【V8戦】無敗挑戦者との対戦を見に行ってきました!

galu_top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


4月16日にWBCバンタム級タイトルマッチ(大阪府立体育会館)のチケットを頂き観戦に行ってきました^^

galu_naka01














当社の目の前がタイトルマッチの会場である大阪府立体育館であり、試合開始1時間前から既にテンション上がってきております。

通称“神の左”と呼ばれる王者・山中慎介選手に挑戦するのはアルゼンチンのディエゴ・サンティリャン。挑戦者は23戦全勝していますが、世界的には無名に近い選手です。

滋賀県出身の山中にとっては、1年ぶりの地元関西での試合。タイトルマッチのアンダーカード(前座の試合)には、あの辰吉丈一郎選手の息子である、辰吉寿以輝の試合もあります。山中選手は、辰吉丈一郎に憧れていたとのことで、今回の試合について何かの縁のようなものを感じると所属する帝拳ジム公式サイトでコメントしていました。


辰吉選手の試合は相手を圧倒し、父である丈一郎選手を思い出させる展開で見事に勝利を納めました。試合後、リングに上がる姿を見て母が泣いていたことについて、「大丈夫やのに」という父譲りの何とも言えないコメントをしておりました。まだまだ幼さが残る顔をしているのに、かなりの大物ぶりでした。
galu_naka02
























数試合を経て、いよいよ山中選手の試合です。
場内は異様な雰囲気で天才である山中選手を応援しています。試合は、序盤から山中選手の右のジャブが面白いようにヒットし、相手選手は1Rから顔面は流血です(写真では分かりづらいですが)。完全に試合は山中選手のペースで進んでいきます。

galu_naka03galu_naka04















そして・・・
今回の試合をビデオでゆっくり鑑賞される方もいらっしゃるかと思いますので、結果は申し上げませんが(笑)

まさに、天才、神の左手・・・いろんな言葉が似合う実にボクサーらしいボクサーでした。これからも、関西出身の山中選手を応援していきたいと思います。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班

ガルエージェンシー本部直属の特別捜査班。 事件との対峙を主な任務とし、選ばれた精鋭が集う。 海を超える情報網とその捜査力は圧巻の一言。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。