気になるあの島の不動産登記を調べてみた!探偵とは、気になると調べたくなる性分です!

謄本
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵は調査業ですから、色々な知識が必要となります。
その中の一つ、不動産の登記に関することも大変重要なポイントです。

今の世の中、何でもかんでも個人情報だからと言って簡単に情報を教えてくれません。中々情報を集めるのに苦労することが多くなりました。その中でも、不動産の登記から得る情報はすごく役立つことがたくさんあります。不動産の登記の説明は、とてもこのスペースでは無理がありますので、ある島の登記情報について解説します。

15879379

2年前の2012年の9月、TVを見ていて、ふと気になることがありました。

「日本が尖閣諸島を購入した」

当時の東京都知事の石原さんが騒いで、日本政府が放っておけなくなって慌てて購入?

16274660_480x270 17211011_480x270

それに対して、また中国がガヤガヤと……(うるさいっ!!)。大変でしたね。当時、上海で日本人が暴行された事件が相次いだ記憶があります。

今回は政治的な動向はさておき、私が気になったのは不動産の登記はどうなっているのか、ということ。そこで、不動産の登記を調べてみることにしました。

今の時代はインターネットでほとんどのことが出来るようになり、不動産の登記も調べることが出来るのです。それがこちら→登記情報提供サービス
会員になると誰でも利用できます。ただ、一般の人が利用することは、まぁないですねw

まずはこちらの不動産(土地)の登記事項証明書。
(最新のものも取り寄せましたが、変わりありませんでした)

CCF20150417-1※個人情報等は処理しています

不動産の登記情報を取る場合、所在(地番)が分からないと取ることが出来ません。しかし、あんなところにポツンとある島ですから、ネットで検索してみると……。書いてました。それを参考にとってみると、ズバリ!そのものの登記情報を確認できました。そこには、尖閣諸島の所在、広さ、そして所有者などが書かれています。(上記の内容)

これを見ると、やっぱりニュースで言っていた通り、埼玉県の個人の所有者から平成24年9月11日売買により国土交通省に所有者が変わっています。本当に日本の所有の島となったんですね。

そして、次には所有権以外のことが書かれています。

CCF20150417-2

これはコンピュータ化されたもので、平成14年以降のことしか分かりませんが、総務省が賃借権で毎年1,944万円もの金額で借りていたことが分かります。それは全て、埼玉の某男性に支払われていたことが分かります。すごい金額ですね。

平成18年の途中から、2112万円に値が上がって、それは平成24年9月まで続いています。その後に国が購入した訳ですから、借りる必要は当然無くなったわけです。

2014年9月11日、日本政府は魚釣島、北小島と南小島の3島を埼玉県に所在する地権者から20億5千万円で購入し、日本国への所有権移転登記を完了したとあります。1年間の賃料を2,000万円とすると、なんと100年分の賃料。しかし、すごい金額です。この人どうしているんでしょうね?

チョットだけ歴史をさかのぼってみると(Wikipediaより)
1885年:古賀辰四郎が尖閣諸島での事業展開のため沖縄県に借地契約を請求。古賀の請求を受けて沖縄県庁は内務省に相談。内務省は沖縄県庁にこの島の調査を内々に命令する。
1896年:日本政府が古賀辰四郎への30年の無償貸与を許可。
1900年:沖縄県師範学校教諭黒岩恒が「尖閣列島」と命名する(尖閣諸島は中国領と主張する歴史家の井上清による)[105]。
1918年:古賀辰四郎、死去。 事業は息子の古賀善次が継承。
1932年:魚釣島、久場島、南小島、北小島の4島が古賀に対し有償で払い下げられる。

これから行くと、最初の所有者(個人)は「古賀氏」だったようです。このように気になることがあると、不動産の登記情報を見ることで色々なことを知ることが出来ます。

もっと詳しく知りたい方は、こんな学校もあるので、探偵を目指したり、探偵として独立開業、仕事へのスキルアップ色々普段では聞けない話がきっと聞けますよ!

まずは、こちらから資料請求を!→ ガル探偵学校

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー梅田キタ(0120-33-8833)

2004年にガルエージェンシー千里中央開設。08年に江坂、12年に新大阪、13年に梅田キタ・ガル探偵学校大阪校(校長に就任)と北大阪を中心に展開中。前職でも金融関係で企業の信用調査等30年様々な調査に関わってきた。浮気調査を得意とし、色々な場面を想定した撮影技術には定評がある。

関連記事

コメント

  1. 一般の日本人 より:

    不動産業者などは当たり前のように知っている情報をさも、探偵でないと得られないように書くとはさすがですね!
    あまりの低脳さに探偵業務が、まっとうにできるのか心配になる記述です。
    詐欺みたいに騙そうとする技術でも学ぶんでしょうか。。。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。