全国で初めて「もらい事故」でも賠償義務負う判決が出た

事故
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年4月、福井県あわら市の国道で車同士が衝突し、センターラインを越えた車の助手席に乗っていた男性が死亡した。死亡した男性が所有する車を運転していたのは大学生で、居眠り運転で操作を誤り、センターラインを越え対向車に衝突。遺族は対向車線を直進した、つまり「もらい事故」に遭った側に賠償義務があるとして訴訟を起こした。福井地裁は13日の判決で、約4,000万円の損害賠償を対向車側に命じたのである。

 ええぇー???率直にこの判決は脅威である!

 判決では「対向車の運転手が、どの時点でセンターラインを越えた車を発見できたか認定できず、過失があったと認められない」とした一方、「仮に早い段階で相手の車の動向を発見していれば、クラクションを鳴らすなど出来、前方不注視の過失がなかったとは言えない」と、過失が全くないとの証明が出来ないとしたのである。
いわゆる無実(過失)の証明のような事が必要であると云う事である!
 確かに事故というものは、どんな時にも避ける事が出来るように注視していれば巻き込まれないと云う事は言えるが、この日本の狭い道路条件の中で可能なのか?運転する全ての人に関わる重要な「他人事」ではない判決であった。

あなたなら避ける事が出来ますか?

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

関連記事

コメント

  1. 匿名 より:

    福岡地裁関係者のクルマに特攻かけて賠償金ももぎ取ろうぜ

  2. もやし より:

    これは酷い。
    そもそも訴える相手が違うのでは?

  3. 774 より:

    判決出した裁判長様は、この状況でちゃんと避けれるのかねぇ? ww

  4. 通りすがり より:

    ttp://www.bengo4.com/saiban/1139/b_342017/
    この弁護士の意見では
    「判決を読むと,本件は事故車両の前に2台の前走車がいて,この2台は対向車のセンターオーバーに気づいて事故を回避しています。事故車となった3台目だけが前方を注視しておらず,結果として事故になったという事案なのです。無過失ではないと言われても仕方ない状況と言えます。」
    「判例・実務上、センターラインオーバーの相手車と衝突した場合については、事実上の無過失の推定が働き、「前方を注視していれば、容易に事故を回避できた」という場合に限り、過失ありと評価されることとなります。本件の場合、野田先生が説明されているような事情が存在したため、もらい事故に遭った側の車両運転者にも過失が問題となり、裁判官が過失の有無について確たる心証を抱けなかったため、自賠法3条の原則に基づき、過失を認めたということかと思います。」ということだそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。