探偵冥利に尽きる調査!因果応報が招いたその結果は…

美容室2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その浮気調査は、よくあるパターンだった。
依頼者は、美容院を数店舗経営する男性の奥様。
美容室1

 

 

 

 

対象者はその経営者。奥様も美容師で、その数件店舗のうちの1件の店長。
対象者も美容師だが、各店舗を回り管理が主な仕事で、時間は自由であった。

結果的に、対象者はある女性と浮気をしていた。
最初は浮気を否定していた対象者だったが、当社の報告書を見て観念し慰謝料を払い、奥様が店長を務める店舗の名義を奥様の店にし離婚という結末になった。その後対象者は、浮気相手の女性と結婚した。

ここまではよくあるパターン。

数年後、当社をお訪れたのは、その美容室を経営する、かつての対象者だった。
お門違いの文句の一つでも言いに来たのかと思いきや、そのかつての対象者の用件は、「現在の妻の浮気調査」だった。
そのかつての対象者曰く、「以前、自分が浮気していた時、あれだけの証拠を撮ってくれたのだから、お宅にお願いしたい」「まさか自分が、また違う形で、お宅にお世話になるとは…因果応報ですね」と。

これは、探偵冥利に尽きる調査だ。

かつての対象者が、依頼者に変わった。

調査の結果、これまた黒だった。
依頼者は、対象者である現在の妻と離婚した。

だが、話はここで終わらない。

最初の依頼者である前妻は、譲り受けた美容室を繁盛させ、現在は支店をオープンさせている。
その前妻と、今回の依頼者である前夫が、最近また結婚した。
その夫から、「今は、私は美容師に専念し、経営は妻に任せています」。

もともと腕がよかった夫と、経営の才覚がある妻がタッグ組み、ますます繁盛しているらしい。まさに、雨降って地固まったようである。

 

 ※ この物語は、実際にあった状況をもとに書き下ろしたフィクションです。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー日立(0120-783-095)

2000年にガル日立を開設以来、数多くの案件を解決。アメリカ本土、ハワイ、韓国等海外での調査経験も豊富。学生時代はアマチュアレスリングのインカレチャンピオンで体力にも自信あり。調査員全員が本格的にスポーツをしていた猛者揃い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。