【現地レポ】福島第1原発事故後

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


福島第1原発事故後、3年半交通規制が続いていた国道6号線の福島県富岡町-双葉町間、14.1kmが、9月15日午前0時、開通した。

開通した区間の平均空間放射線量は、毎時3.8マイクロシーベルト。
最大値は大熊町内の毎時17.3マイクロシーベルトと線量が高い場所が残る中での開通となった。未だ帰還困難区域の同区間だが、地元では「経済活動の活性化、復興の加速化につながる」という意見もあるが、「犯罪の増加につながる」と言う声もあるのは事実だ。


当社では、早速現地に赴いた。
常磐高速道路広野ICで降り、国道6号線を北へ。ほどなくこのような看板が。

1 3


いよいよ開通区間に入った。

2


区間内の店舗は、震災当時のままであった。

4 5


住宅や店舗は防犯の為、すべてにバリケードが施されている。

6


国道6号線から、脇道に入る道路にもバリケードが。

7


福島第1原子力発電所。

8 9


広野IC入口にはこのような速報が。

10

 
区間内の途中に広がる農地は荒れ放題で、人の気配が全く感じられない住宅や街並みを見ると、あの震災から3年半が経過したことが信じられなかった。
1日も早い復興、復旧を切に願う。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー日立(0120-783-095)

2000年にガル日立を開設以来、数多くの案件を解決。アメリカ本土、ハワイ、韓国等海外での調査経験も豊富。学生時代はアマチュアレスリングのインカレチャンピオンで体力にも自信あり。調査員全員が本格的にスポーツをしていた猛者揃い。

関連記事