最高の立地で格安に購入できる!殺人事件現場のマンションが売りに出ていた!!

事故物件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

殺人事件がおきた物件、俗にいう「事故物件」。
今回はそんな事故物件のその後を調べてみました。

10年ほど前に地元でおきた殺人事件。
当時はショッキングな内容であった為に、多くのメディアに連日取り上げられ、全国的にも有名な事件となりました。月日が経ち、人々の記憶が薄れていく中、未だに現場になったマンションには買い手がついていませんでした。
外観写真









▲インターネットの事故物件検索サイトにも表示されている物件

室内写真









▲フルリノベーションされている室内。


駅からも近い最高の立地条件、それでいて金額は地域の相場より安い。
なにも知らない人なら飛びつきそうな条件ですが、インターネットの普及などで情報が簡単に手に入るのか、未だに売れないのです。

知り合いの不動産屋に聞いてみたところ、
「あの物件ね~、ずっと掲載してるんだけど売れないんだよね」
「条件は良いから売れると思ったんだけど、どこから殺人事件の情報を得てくるのか本当に困ってるよ」との事でした。

もしも所有者から心理的瑕疵の告知がなく事故物件を購入してしまった場合は、不告知として責任を追及し損害賠償などを請求できるようですが、年月が経っている、または所有者が変わっている場合などは、責任の追及が難しい場合もあるようです。

いつ売れるのかドキドキしながら待つことにします・・・。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー五反田(0120-274-200)

東京都大田区の支社。地の利と人脈、経験を活かした調査を得意とする。熱い信念と情熱を持って「お客様第一主義」を貫いている。士業関係者との連携も万全のため、アフターフォローにも定評あり。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。