眠い時、あなたならどうする!?探偵が試した3つの正攻法!

アイキャッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中の職業には、不規則な職種がありますよね。
長距離トラックの運転手、救命センターの先生、工場の夜勤とか。もちろん探偵
も、不規則な職業というならトップクラスです。さて、そんな寝不足気味なお仕
事をされておられる方なら、誰しもが一度は必ず考えるであろうこの思い。

「眠いんだけど、どうしたらよいだろうか??」

日々の度重なるストレスや、眠気対策の為にシャブに手を出すなんてのは、
よく聞くお話ですが、これはアウトなので駄目です。

そこで正攻法をいくつかご紹介します。(※個人差あり)

①ガムを噛む
A:眠気の度合いにもよるが、ほぼ効き目はありません。しかし噛むのであれば
強力なミント系よりも、自分が嫌いな味のガムをあえて噛むのが苦痛で効果があ
りました。有名どころでは「サルミアッキガム」というのがあります。
サルミアッキガム

 

不味さ爆発です!!

 

 

②カフェインを摂取(コーヒー、紅茶など)
A:通常摂取だと、さほど効果は得られませんでした。飲み物で摂取するなら、
圧倒的にコーヒーのエスプレッソです。100ml中に含まれる量が通常のコーヒーの約3倍です。他に裏ワザでは、シプロキサン、ジフルカンなどの薬と併用すると、中枢神経刺激作用を増強し、イライラ、不眠などの症状を得られる可能性はありますが、一般的にこれは薬の副作用ですので、お勧めできないです。
というよりも危険です!!ちなみにカフェインを大量に摂取するのも危険です。

③とうがらし作戦
A:これは辛い食べ物を摂取するという事ですが、私のお勧めは「とうがらしを
鼻先に塗るという方法」!食べるのは面倒だし、短時間で済むのが理由です。
効果は人それぞれかもしれませんが、私はあると思います。※目は絶対ダメ!!
間違っても鼻の中に塗ってはダメです。粘膜弱いので・・・
ちなみにワサビとか似たものがありますが、持続時間は断然とうがらし。
塗る量は、ほんの一欠けらをこすり付けるだけ。肌の弱い人は厳禁です!!とうがらし塗り場所

 

 

 

 

 



さて3パターン程ご説明し、まだ他にもいくつかありますが、共通して言え
るのは、「欲求は欲求を以って制する」もしくは、「痛い、苦い、辛い、すっぱ
い」などの神経に作用する対策を打つという手段となりました。

馬鹿げた事と思っても、追及すると以外な発見があるものです。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー千葉第一(0120-849-555)

千葉県千葉市、千葉地方裁判所付近に立地する支社。若さを活かした俊敏な機動力で、調査が迅速なのがウリである。地域弁護士と連携を取り、調査後のアフターフォローにも力を入れている。「誠心誠意」のモットーのもとに日々奮闘している。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。