【湯河原放火殺人】防犯カメラに不審人物、歩道に血痕・・・事件現場を徹底取材!

yugawara-8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月21日に湯河原で起きた放火殺人事件、未だに犯人は逮捕されておらず、近隣住民の不安は募るばかり。
捜査の進展や近隣住民から新たな情報を得るため、再度現地取材を行った。
yugawara-8 yugawara-2事件当日は広く張られた規制線によって事件現場周辺へと接近できなかったが、事件から3日経った現在では、現場から30メートル程度までは接近できるようになっていた。犯行があった被害者宅付近はブルーシートで隠され、現場そのものを見ることはできないが、被害者宅の屋根は確認することができる。

yugawara-9 yugawara-1野次馬や、報道陣の姿は事件当日に比べると減っており、その分捜査を進めている警察官や鑑識官の姿が目立つようになった。鑑識官が出入りしていることから捜査はまだ難航しているものと思われる。

yugawara-4 yugawara-3

犯行現場のすぐ正面にあるパチンコ店では、屋外に設置されていた防犯カメラに犯人らしき不審人物が映っていたようで、警察へ映像の提出を行ったとのこと。パチンコ店の40代男性店員に話を伺ったところ、「被害者は客として遊戯に来ることも無く、ほとんど面識が無い人物だった。客足は事件当日に少し落ちたが、以降はほぼ影響は無い。事件の早期解決にできる限り協力していきたい。」と話してくれた。
yugawara-5規制線が張られている犯行現場付近は、ちょうどパチンコ店の駐車場になっており、規制線によって駐車場は半分以上駐車できなくなっている。通常に営業していれば週末は駐車場が満車になるとのことなので、男性店員は影響はないとは言っているが、店側としては事件の早期解決を願っているだろう。
yugawara-6 yugawara-7事件との関係は不明だが、現場周辺の歩道で血痕が発見されたと報道され、住民に聞き込んだ結果、現場から50メートルほど離れた衣料品店前の歩道だと分かった。血の色こそ落ちているが、血痕のようなものは確認できる。犯人が浴びた返り血なのか、それとも全く関係の無い血なのか、警察発表を待ちたい。

近隣住民に聞き込みをした結果、様々な話を聞くことができた。

60代男性 飲食店店主
「旅館でもキャンセルが出始めているようだ。事件後から人通りが減ってしまい、夜も暇になってしまった。早く犯人を捕まえてほしい。」

30代女性
「犯人の動機が何も分からないので不安です。ゴールデンウィークに子供を外で遊ばせるのは正直心配です。」

40代男性 飲食店店主
「犯人に早く捕まってほしいのはもちろんだけど、早く捜査が終わってほしい。規制で客足が減っているように感じる。」


 取材中、この事件に対して近隣住民に注意を呼びかける内容の広報が流れた。この広報は事件当日には流れていなかったが、翌日から流れるようになったとのこと。犯行目的が明確でない事件だけに、行政もかなり過敏になっているようだ。
事件の早期解決を願うと共に、引き続き取材を続けたい。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー小田原(0120-640-783)

ご依頼者様の不安を和らげるような、安心できる支社。男女共に相談員がいるため、あらゆる相談に対応可能。浮気調査においては離婚のための証拠収集のみならず、夫婦関係修復の手伝いも行っている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。