【95歳 超高齢者の殺人!?】衝撃の動機 「妻(88歳)が・・・と思って」

高齢者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、近所のスーパーで年配の男性(おじいちゃん)が万引きで捕まっていました。 原因は、孤独から生じる経済的問題だそうです・・・とても切ないですね。

PIC-20141105121030

日本は、食文化・医療制度の発達により、世界一の長寿国となりましたが、同時に高齢化社会となり、高齢者の犯罪が増えてきている事実は否めません。そんな高齢者の犯罪の中で、記憶に残っているのが、高知県宿毛市で起こった殺人事件(2015年1月25日)です。

95歳の男性が、88歳の女性を殺してしまった事件です。
加害者は95歳の超高齢者で、被害者は、この男性の妻でこの妻も88歳の超高齢者でした。(65歳~74歳まで「前期高齢者」、75歳~84歳まで「後期高齢者」、
85歳~「超高齢者」)

large-542b9359e4016 large-542b97a485dd6

事件の概要は、
男性が、妻を自分の 杖(つえ) で頭などを複数回殴り、妻は動けなくなりました。息子との3人暮らしだった為、息子が119番し、女性は病院へ運ばれましたが、そのまま意識が戻ることはなく死亡してしまいました。

95歳の男性(おじいちゃん)は、妻(おばあちゃん)を殴打して結果殺してしまったのです。

そもそも、なぜ男性が妻を杖で殴ってしまうことになったかというと、
男性 「妻が浮気していると思い、口論になり、2回殴った」との事です。

看病疲れや生活苦かと思いきや、原因は ”嫉妬” からくるものでした。妻は浮気などしておらず、男性が勝手に浮気をしていると思い込んだ為に起こってしまった事件なのです。よく男性は女性よりも嫉妬深いと言いますが、90歳を過ぎても男性は嫉妬深いものなのでしょうか。愛情が、嫉妬や怒りに変わり、殺人に至る事件は、目にする事はありますが・・・

95歳男性(加害者)・88歳女性(被害者)・息子(通報者)のそれぞれどの立場で考えてみても、悲しい事件です。それにしても、この男性にとって妻が浮気をしているのではないかと思わせた行動が何だったのでしょう?

「穏やかに添い遂げて欲しかったな~」という思いと、同時に色々と考えさせられる衝撃の傷害致死事件でした。

l_007

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー岡山駅前(0120-164-405)

まずはご相談を、その勇気を必ず受け止めます!

関連記事

コメント

  1. ゆたぽん より:

    男性は認知症じゃなかったのか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。