キャラを演じてる?それともリアル?橋本マナミが執着するものとは

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポスト壇蜜と言われたのは過去の話。
気がつけば、現在最も勢いがあるアラサーグラドルとなったのは橋本マナミである。

01

『平成の団地妻』『愛人にしたい女性№1』などの異名を持ち、年上キラーとしてブレイク後はバラエティ番組にも引っ張りダコ。
過激な発言が話題になることも増え、くすぶっている同世代グラドルたちとの差を破竹の勢いで広げる活躍ぶりは周知の事実だろう。

そんな橋本の活躍に嫉妬したのか、グラビア仲間の小林恵美が『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日)にて、おじさん好きはビジネストークであることや愛人キャラを演じていることを暴露。

02

全国のおじさんたちを落胆させたのは記憶に新しい。

が、そんなおじさんたちに朗報である!
こんな情報が編集部に届いた。

「愛人はキャラではないと思います。橋本が過去に所属していた事務所は駆け出しのタレントを接待要因に飲み会営業しているという噂があるんですが、橋本は一時期その飲み会の常連だったらしいです」

テレビ局の幹部やスポンサーが集まる飲み会に積極的に参加していたという橋本。
持ち前のプロポーションを活かし、谷間を強調した服装で夜な夜な飲んでいたというが……。

「その事務所にいる間にブレイクすることは出来ませんでしたが、当時は権力や財力のある男性と交際していたようです。大概が既婚者だったらしいので、深い関係になっていたとしたら愛人ですよね。しかも、基本的にお金持ちにしか興味がないらしいので、結果的におじさん好きにもなる」

飲み会でゲットしていたのかは謎だが、リアルに愛人をやっていたという噂が浮上!
お金持ちという条件が付くけど、おじさん好きも嘘とは言い切れないようだ。

「ブレイクまでに苦労したからなのか、今でもお金に対する執着が人一倍強いようですよ」

なぜか聞けば聞くほど残念な感じがしないでもないが、とりあえずキャラを演じているわけではなさそうである。


芸能探偵

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@芸能部

ゴシップからインタビューまで!芸能界に愛を込めて。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。