大阪都構想実現せず!!次期大阪市長と維新の党はどうなる!?

橋下徹市長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月17日に実施された大阪都構想の是非を問う住民投票は賛成49.62%、反対50.38%と、パーセンテージにすると僅差で廃案となった。

大阪都構想、実現せず…。しかし、大阪都構想は「橋下徹の野望」というストーリーの序章に過ぎなかったような気がするのは私だけだろうか(そもそも住民選挙が実現されたのも、歴史に残る出来事だったのでは?)。

橋下徹市長

橋下市長が描いていたのは、大阪都構想実現後に国政に打って出る。最終的には総理大臣!! だったのだろう。

政治に明るくない私が橋下市長の野望を語るな! と自分でも思うが、こんな私にも政治に関心を向かせた橋下徹市長はすごい。よくも悪くもこれだけマスコミからも注目される地方の政治家はそうそういない。

FullSizeRender

通天閣

公言通り、橋下徹市長が政界の最前線から退くのであれば、維新の会は勢いがなくなるだろう。今後の大阪維新の会、維新の党はどうなるのだろうか。

橋下市長の後任も注目である。次期市長も維新の会メンバーから選ばれるとしても、現任の顔ぶれからは思いつかない。

知識、改革的な思考、ブレーン、そして、強烈な個性と行動力を持った人物でないと、今回賛成票を投じた市民は拍子抜けである。となると、政治家ではない人物に…となるようだ。

辛坊治郎氏の出馬が囁かれているというより、彼には維新の会からオファーがあったということであろう。島田紳助氏よりは現実的な話かもしれない。

maxresdefault

今回の選挙に反対票を投じた市民の方達は誰を次期市長として希望するのだろうか。

「候補者を予想するとか…適任者の名前を挙げるって難しいもんですね。賛成や反対をするのは簡単!! だったら、新しい案を出して来いよ!! …てことでしょうか。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー京都中央(0120-783-799)

代表は元京都府警捜査官。30数年もの間、暴力団捜査・知能犯捜査の特捜最前線で数々の難事件を指揮、解決に導く。刑事事件や民事事件の証拠収集にも対応可能な支社で、顧問弁護士とのプロジェクトチームによる徹底したサポートも行っている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。