ライザップ騒動に思う…要注意!探偵業界の誇大広告は日常茶飯事!?

ライザップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年5月18日に下記のような報道がありました。

神戸市のNPO法人「ひょうご消費者ネット」がCMで話題の高級プライベートジム「ライザップ」に対して、「30日間全額返金保証制度」の記載を削除することを要請したそうです。

30日間全額返金保証制度とは、「内容に納得できなければ開始から30日間全額返金を保証する」制度のこと。ライザップはCMやホームページ、パンフレットでこのことを大々的に謳っています。

ライザップ

このような誇大広告は通常疑ってかかるものですが、本当に信じて契約してしまう人は後を絶ちません。まだ公の規制が行き届かないようで、余程のことがない限り、結構好き放題にやっているかのような印象があります。

ちなみに、以前私が働いていた不動産業界はとても規制が厳しく、駅からの徒歩距離が仮に2〜3分違っても公正取委員会からお咎めを食らいます。

我々の業界である探偵業も誇大広告が多いです。例えば、「業界最安値」などと言っている会社が実際に面談して、提示された金額が「業界最高値」ということはよくあります。

あるいは、「浮気の結果が出なければ料金はゼロ」などとHPなど載せているところもあります。

この場合、何をもって結果というのか…また、浮気調査の性質上、我々が浮気をさせる訳ではないので、完全成功報酬型ではビジネスとして成り立ちません。大変申し訳ありませんが、ボランティアではないのです。

しかし、このような広告に飛びついてしまう人は多いです。人間心理としては仕方ないところもありますが、甘い言葉には気をつけましょう。

我らがガルエージェンシーグループの料金は一見、決して安くはないかも知れません。しかし、決して高すぎることはありません。その調査能力、報告書などのクオリティ。そういった意味では妥当な価格と自信を持って言えます!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー新橋(0120-018-556)

早大を卒業後、新聞社、大手不動産会社での勤務を経験。小さい頃からの夢を実現させるために探偵になる。サラリーマン時代に培われた情報ルートや長年積み重ねた人脈を駆使した、浮気調査、行方調査、信用調査など多岐に渡る調査が可能。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。