YouTuber終焉?HIKAKINの活躍でバレちゃった○○臭さ

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTuberという言葉を聞いてまず思い浮かべるのは、ヒューマンビートボクサーなる肩書きを持つHIKAKINだろう。

01

最近ではネットの世界を飛び越えて様々なメディアで活躍しているだけに、お茶の間知名度もうなぎ上りである。
芸人でもタレントでもなく、良く言えば韓流スターっぽく悪く言えば全くあか抜けないルックスの彼がなぜここまで活躍出来るのだろうか?

それは他を寄せ付けないYouTubeの再生回数であり、本人の努力と戦略の賜物である。

が、そんなHIKAKIN人気にも陰りが見えてきたようだ。

「ロマン優光氏に酷評されたり、画像の無断転載が話題になったりしましたが、注目を浴びる度に彼のスキルの低さが露呈しました。戦略の一つなのかもしれませんが、今となってはアンチに支えられている部分も否めないでしょう。話題になっているのでいくつか動画を見ましたが、このままではアンチさえいなくなるのは目に見えてるんじゃないですか?」(業界関係者)

動画の評判はともかく、テレビの世界に進出することによってトークスキルの低さやリアクションの素人臭さが露呈。
あくまで人気YouTuberという立場で出演しているとはいえ、テレビに出る以上はお茶の間から芸人や他のタレントと比べられてしまうのは避けられない。

当然のことではあるが、芸人のような空気を読んだリアクションが取れるわけでもなく、卓越したトークセンスがあるワケでもないHIKAKINは一発屋芸人に近いものがあるという。

「ブームの波に乗ってテレビに出たりしてますが、タレント性は皆無。得意のヒューマンビートボックスもそんなに需要があるものではないですからね。ブームが終わればキャスティングするメリットは無い。ちょっと天狗になってるなんて噂もありますし、数年持てばいいんじゃないですか」

現在、ネット上では絶賛する声がある一方、アンチが増え続けているのも事実である。
ファンであろうがアンチであろうがYouTubeの再生回数さえ維持出来れば安泰のHIKAKIN。
アンチに飽きられた時がホントの意味での終焉か!?

 

芸能探偵

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@芸能部

ゴシップからインタビューまで!芸能界に愛を込めて。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。