女子大生グラドル撮影中にハプニング!Hカップにサスペンダーでコンニチハ?

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hカップのバストにプリッと盛り上がったヒップ!

 01

グラマラスな悩殺ボディでレースクイーンやラウンドガールとして活躍してきた峰岸ちひろチャンがグラドルデビュー!

 02

 DVD『聖女伝説』を発売した。

 03

「ポージングが思ったよりも大変で筋肉痛になりましたが、初めての撮影でバリ島に行けたので、凄く思い出になりましたし、常に新しくワクワクした気持ちで臨んでいました」

お尻や普段使わない筋肉が筋肉痛になったというデビュー作は、「『音をもっと大きく立てて下さい』って言われて、ペチャペチャしながらしたのが凄く恥ずかしかった。生クリームとマンゴスチン、ペロペロキャンディーなどを舐めてます」と、なかなか妄想膨らむ作品になっているようだけど、初の撮影ゆえに様々なハプニングがあったようだ。

「踊ってるとズレちゃったりして、インドネシアのスタッフの方が“コンニチハ”って、何回も(笑)」

04

デニムのショートパンツの上は何故か素肌にサスペンダー。日常生活では滅多に見ることのないファッションで、得意のチアダンスを踊るという撮影でのこと。

Hカップを隠すのはサスペンダーだけという状態で踊ればどうなるのか?

現地スタッフが不慣れな日本語で“コンニチハ”と連呼する事態になるのは当然であるが、その緊張感と揺れ動くHカップの迫力は何物にも代えがたい“聖女伝説”の始まりを告げるシグナルなのだ!

05

が、実は撮影が始まる前から、すでにハプニングがあったとか!

「撮影の時に太ってしまって、カメラマンさんに怒られながら撮影して、ご飯も炭水化物を食べずに空芯菜のみを食べてたという苦い思い出が……」

06

どことなくエキゾチックな魅力もあるちひろチャンだけに、バリ島での撮影はピッタリだけど、、、

07

いい思い出になったというわりに、結構大変なことだらけだった!?



芸能探偵

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@芸能部

ゴシップからインタビューまで!芸能界に愛を込めて。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。