ニコ生・横山緑、購入品に陰毛が混入?業者への抗議を配信で警察沙汰に!

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ニコニコ生放送で「横山緑」と名乗る人物が、業者との電話でのやり取りを配信したことが原因となって、とんでもない事態に発展していたことが判明した。

今年1月、横山は購入した商品に陰毛が入っていたことを明かした。この商品は故障で返品したそうだが、業者から新たに届いた商品にも再び陰毛が入っていたというのだ。陰毛が混入した状態を撮影した証拠の写真は残していないという。配信中に横山は業者に電話をかけて、どのように混入したのかということを尋ねた。

 

01

 

「これ、クレームじゃないんですよ」、「そういった事実があるということをお伝えしたいのと、ならびに貴社の発展とご活躍を願った電話なんですよ」と横山は述べた。それに対して業者は、箱詰め作業時に髪の毛が入る可能性はゼロではないが、陰毛が入る可能性はないと主張。工場の中で従業員が裸になることなど、あり得ないという。

業者との会話の過程で、横山が本名で呼ばれる場面や、購入者を聞かれて妻の名前やその漢字表記まで明かしてしまう場面もあった。一方、業者側の丁寧な説明は想定外だったのか、横山は次第にトーンダウン。最後には「毛が抜けるのも仕方ない気がしますね」、「こちらは大げさにはしたくない」と述べていた。

 

02

 

このたびの配信で横山は、1月の件に言及した。先日、当該商品の購入者である妻に対して、地元の警察署へ来るように要請があったという。その後、警察官がパトカーで自宅へ迎えに来たそうだ。先述の業者の弁護士が横山の配信を見ているとのことで、「警察使ってさ、煽るのやめた方がいいよ」、「俺から金取ろうとしてるんだろ?」と横山は挑発した。

 

03

 

横山は謝罪する用意もあるというが、「名誉棄損されたとかいって、目的何なの?捕まえたいわけ?」、「しょうもねえジジイだと思うけどさ、おまえ、こんな放送、こんな深夜から見てるって」と弁護士を批判。また、今回の件を担当したという女性警察官にあだ名をつけて、皮肉を込めた発言を連発した。

当サイトでは、6月3日に業者に連絡を取った。担当者曰く、横山の1月の配信内容は確認済みだが、このたびの配信については知らなかったという。だが、本件は既に刑事事件として警察に受理されており、対応を弁護士に一任しているそうだ。したがって、現時点で自社として述べるべきことはないとのことだった。

 

 

その他の証拠画像

 

04

 

05

 

06

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。