「うどん」といえば香川県……ではなく、実は〇〇が発祥の地!!

img_00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

九州で一番の繁華街と言われる博多区中洲の近くに所在する、少し変わった名のお店。

その名も「かろのうろん」!

karonouron

ニュアンスで判る通り「うどん屋」なのですが、
この店は、福岡で一番歴史が長い(1882年・明治15年創業)と言われるうどん店です。

店名の意味は「角のうどん屋さん」という事。
昔の博多弁の発音では「ど」が「ろ」になってしまうことから、この店名になったようです。
福岡の「うどん」を象徴するような店名ですね。

こちらは福岡では定番メニューの「ごぼう天うどん」。
ねぎが入れ放題という所が魅力!

karono_img2

福岡の「食」で全国的に有名なのは「豚骨ラーメン」や「モツ鍋」「水炊き」など色々ありますが、実はあまり知られていないのが「うどん」なのです。私自身、ラーメンよりも「うどん」をよく食べています。


皆さんが 「うどん」と聞いて思い浮かべるのは、「讃岐うどん」で有名な香川県でしょう。

kagawa

現在では「うどん県」や「恋するうどん県」と称し、
また、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカーチーム名も「カマタマーレ讃岐」と名付けて、観光・PRに力を入れているようですが、本来、「うどん」発祥の地は福岡県なのです!

……という事で、行ってみました。
福岡市博多区博多駅前1丁目にある「承天寺」!

img_00

この「承天寺」は博多祇園山笠発祥のお寺としても知られていますが、境内には「饂飩(うどん)蕎麦発祥之地」という石碑が建っているのです。

img_3

仁治2年(1241年)
当時は多くの僧侶たちが福岡(那の津)から仏教修行のために中国へ旅立ち、教典や書物などを持ち帰っていたのですが、承天寺を開いたお坊さん「聖一国師」は中国から帰国の際に、日本にはなかった画期的な製粉技術を持ち帰ったといわれております。

img_7

このおかげで、きめ細かい粉が作られるようになり「饂飩・蕎麦・饅頭」などの粉物食文化が全国に広まっていったと言われています。

img_udonimg_mandu









大阪の粉文化も、福岡の発祥?などと思ってみました。

ちなみに、福岡の「うどん」の特徴として、
「腰」や「歯ごたえ」などは一切ありません!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー福岡第一(0120-509-512)

福岡市の中心部、中央区大名に事務所を構え、九州では一番の歴史と実績を誇る支社。機動力と調査力を駆使し、徹底調査で真実を究明、九州全域での調査対応が可能。また、弁護士や行政書士と連携して、離婚問題に関しても幅広くサポートする

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。