北海道砂川市で一家5人死傷の大事故!追突車はカーチェイス中!?その真相に迫る!

砂川 事故
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道砂川市で6日午後10時35分ごろ、片側2車線の国道12号の左側車線を走行していた乗用車と、片側1車線の市道を走行していた軽ワゴン車が衝突した。この事故により軽ワゴン車を運転していた歌志内市の会社員、永桶(ながおけ)弘一さん(44)のほか、妻文恵さん(44)と高校3年の長女恵さん(17)が死亡 し、中学1年の次女光さん(12)も重体。北西に約800メートル離れた路上で高校1年生の長男昇太さん(16)も亡くなっていた。他、乗用車に乗っていた男性 3人も怪我を負った。

砂川事故直後

砂川事故の詳細衝突現場付近の国道、市道双方とも路面にブレーキ痕はなかったとのこと。
この現場の国道は直線が約29キロ続く「日本一長い直線道路」と呼ばれる区間にあり、夜間はスピードを出す車が多いことで知られる。警察は事故の目撃者を探して詳しい状況を調べる方針だ。

砂川事故

事故の状況としては、軽ワゴンの真横にBMWが猛スピードで激突。この衝撃で軽ワゴンは50m以上もはじき飛ばされ、昇太さんが外に放り出されてしまった。
この時BMWの並走するように走っていたシボレーが、軽ワゴンの開いたドアに衝突し昇太さんを巻き込んだまま、蛇行運転し約1.5㎞を逃走した。
激突したBMWは大きな爆発音と共に炎上。5m程の火柱が上がり、黒い煙がもうもうと立っていたという。

砂川事故炎上その後の調べで、BMWはカーチェイス中の信号無視、衝突と判明した。シボレーとBMWの2台は、150㎞/h以上のスピードを出していたと推測されている。
司法解剖の結果、亡くなった昇太さんの遺体には全身に車で引きずられたような傷があり、 砂川署は衝突事故による即死でなく、車に引きずられた後に死亡した可能性が高いとみている。

砂川事故ひき逃げ

警察は昇太さんに対する道交法違反(ひき逃げ)容疑で上砂川町の解体工、古味竜一 容疑者(26)を逮捕した。

砂川 古味竜一

古味容疑者は「報道で事故を知り、自分が何らかの形で関わったのではないかと思った」と出頭の理由を説明しているとのこと。古味容疑者は6日夜の事故から一夜明けた7日午前、砂川署に出頭した。事故前に同乗者の男性と砂川市の居酒屋でジョッキ1杯のビールを飲んだと話しており、アルコール検知を避けるため逃走した疑いもあるとみて道警が調べている。

残された次女の光さんも重体のようで早い回復を期待したいですが、この先のことを考える本当に可愛そうでなりません。

亡くなられた永桶さんの家族の方々のご冥福をお祈り申し上げます。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。