青山学院大学の女子学生、違法風俗店に勤務か?ドラッグや援助交際も自慢

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

青山学院大学の学生であるという人物が、Twitterで自身や家族の顔も公開した上で、とんでもない発言を連発していることが発覚した。

騒動の発端となったのは、電車内で盗撮したカップルが不釣り合いすぎると揶揄し、その画像をTwitterで公開したことだった。自分の顔は美しいと自信があるそうで、口論になった相手の女性を「ブス」と罵倒したといった自慢話が多数見られる。婚活女性が集まる店に行った時には、「なんだブスばっかじゃん」と、わざと大声で言ったという。

 

01

 

特に問題視されたのは、大学の名誉や信頼を傷つけかねない物騒なツイートを繰り返していることだ。例えば、4月末のツイートでは、14歳から援助交際をしてきたと告白。ダイエットの成果を見せるために、胸と股間を手で隠したセミヌード画像や、下着姿の下半身を撮影した画像なども公開している。

5月には、合法ドラッグを使ったら吐き気が止まらなかったと書いていた。これまでガールズバーに勤務していたそうだが、6月からハプニングバーで働き始めたという。その店ではセックスが行われているそうで、勤務日の翌日に大学の講義がある場合は店内の「ヤリ部屋」で仮眠をとっていると、違法営業の店であることを示唆した。

 

02

 

03

 

フォロワーからの質問に答えるページでも、過去の様々な体験を記している。以前には、男に土下座させて頭を踏みつけたことがあると自慢。夏の公園でホームレスの目の前でセックスをした、ネットで知り合ったメンバーのオフ会にて参加者たちの前で公開セックスやスカトロプレイをしたといった過去も告白した。

 

04

 

通学先の大学名だけでなく、所属学部及びサークル等も公開している。また、大学のキャンパス内で撮影した画像も見られる。留年を回避する目的で、「真面目で不細工」、「友達が多くて可愛い」、「優しくて物分りの良い」、「イケメンで研究熱心」という4人の友人を新たに作ったので「今年はいけると思う」などといった発言も。

当サイトでは、青山学院大学の学生生活課に連絡を取った。担当者によると、本件については全く知らなかったという。そこで、発覚の経緯と、問題視された主要な点を伝えた。詳細を調べ、対応するという。

 

 

その他の証拠画像

 

05

 

06

 

07

 

08

 

09

 

10

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。