女性になりすまし、トイプードルを虐待させ脅す!少年ら5人が書類送検!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トイプードルを蹴ったり踏みつけたりする虐待動画がネットに投稿されてから約4ヶ月後の5月27日、神奈川県警生活経済課と横浜水上署は動物愛護法違反の疑いで東京都内に住む21歳の男性会社員と16歳及び17歳の少年2人を書類送検した。

トイプードル虐待で書類送検02

トイプードルを蹴ったり踏みつけたりする動画がYouTubeに投稿されてから約4ヶ月、ようやく事件の真相が明らかになった訳だが、また未成年が主導した犯罪行為だった。

トイプードル虐待で書類送検

横浜市に住む16歳と17歳の少年2人が女性になりすまし、東京都に住む21歳男性会社員に対しLINEで「犬を虐待している動画が見たい」と要求、男性会社員は「女性に嫌われたくないから」との理由で自宅で飼っているトイプードルを蹴ったり踏みつけたりした動画を撮影し少年らに送信し、少年の1人はその動画をYouTubeに投稿した。

さらに他の少年らと動物愛護団体を騙り会社員男性に電話し、「動画を見た。犬を保護されたくなかったら罰金4万円を払え」と現金をだまし取ろうとしたが、虐待動画を見た人達が警察に通報するなどの騒ぎになったため諦めたとの事。

多数の通報を受け捜査を進めていた神奈川県警は、男性会社員と横浜市の 16歳と17歳の少年2人を動物愛護法違反の疑いで書類送検し、この少年2人と他の16歳の少年2人の計4人を、男性会社員から現金を騙し取ろうとした詐欺未遂容疑で書類送検した。

虐待されていたトイプードルについて、一旦は保護されたとの情報もあったがハッキリとした情報が無いままであった為、動物愛護団体などが警察に問い合わせた所、「一般人が知る必要ない」という旨の返答しかされなかった上に男性会社員と同居していた母親の元に戻されたとの未確認情報もある。

発生当初から少年らの通っていた高校や警察の対応など色々と疑念の残るこの事件、今後も探偵ウォッチでは注視していきたい。

ガルエージェンシー千葉駅前

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー千葉駅前(0120-22-44-70)

ガルエージェンシーグループの複数の拠点で調査責任者を長年務めた豊富な現場経験と高い調査力を生かし、浮気調査・人探し・盗聴盗撮調査・企業調査等はもちろん、他の探偵社では調査不可能な特殊事案にも積極的に対応し、問題解決の能力が高く、千葉県を初め神奈川県・東京都など広域で調査業務を行っている。 さらに、心理カウンセラーとしての資格を持ち、ご依頼者様の心のケアも行っている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。