原子力問題で新展開?原子力損害賠償紛争解決センター前にマスコミが待機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月15日(月)のお昼頃、昼食を済ませて事務所に戻る途中、弊社事務所の近くに人だかりができていました。

事務所の近くには「原子力損害賠償紛争解決センター」なるものがあります。
いつも、このセンターは気にはなっていましたが、こうして、人が集まっているところは初めてみました。テレビも各局が勢ぞろいの様子です。

012048e43668043b5dd14f240a1e4f7b6155315b3d

また、隣のビルにあるコンビニの前には、弁護士バッチを付けている人が4~5人、それに原告関係者らしき人が数人集まって、何やら打ち合わせをしていました。

01578414cb9ff0dd28dc46d3d4d8a6b361e552378d

委任状と書かれた段ボール箱が置いてあったので、これから皆さんで裁判所に行くところなんでしょうが、段ボール箱の委任状となると相当な数の委任状でしょうね。何か大事件でも起きたのか、これから重要な判決でも出るのかと興味深く様子を窺っていました。

「原子力損害賠償紛争解決センター」前ということもあり、東日本大震災の福島原発関連だろうとは思われます。暫くして、原告団やマスコミ関係者がビルの中に入り、人気が無くなったところでセンターの関係者にヒアリングをしてみました。

「何かあったのですか?何かの判決が出るのですか?」
「いえ、別に。単にマスコミの方の通常の取材です。」

……そんなことはないでしょう。これだけマスコミ、テレビ局が集まっているのにね。そこで、取材を終えたテレビ局の人にヒアリングをしてみました。

「何かあったのですか?何かの判決が出るのですか?」
そう、センターの人と全く同じ質問をしてみました。
「別に何かあった訳ではないです。これから訴えをするみたいです。栃木県の方でも被害が出てということです。」

018b3213c9c0e036dc3e6621a11bb73c00c7522192

栃木県での被害については、確かに余り知られていないです。実際問題、どれくらいあるのか正直分かりません。しかし、当然かも知れませんが、あの震災の影響はまだまだ残っていて、続いているのですね。遠く離れてところの問題と思っていたら、こんな近くでも。

しかし、マスコミというのは特に注目の判決が出たとか、紛争の重要な局面でもなくても、やはりこの原発問題では直ぐに動くのですね。しかも、各局が。
正直、この部分に一番驚きました。これはこれで関係者にとっては重要な問題なんでしょうがね。不謹慎な言い方ですが、もっと大ニュースになるようなことが起きたかと思いました。

いずれにしても、弊社に事務所近くで余計な騒ぎが起きないように、はやく原子力関係の紛争は収まれば良いですね。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー新橋(0120-018-556)

早大を卒業後、新聞社、大手不動産会社での勤務を経験。小さい頃からの夢を実現させるために探偵になる。サラリーマン時代に培われた情報ルートや長年積み重ねた人脈を駆使した、浮気調査、行方調査、信用調査など多岐に渡る調査が可能。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。