ニコ生主が居酒屋で店員に暴言や差別発言を連発!店の制止も無視して配信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

※記事末尾に追記あり(2015/6/23)

 

ニコニコ生放送やTwitCastingで「らんはげ」と名乗る男性の居酒屋での配信内容が物議を醸したとの情報が、読者から寄せられた。

らんはげ曰く、その居酒屋の店員の態度が気に入らないという。「店員がウザすぎて。店長さんっつーかオーナーさんはいい人なんですけど」とのこと。入店前に、店の看板や外観を映した。入店時には、友人とテレビ電話で話していると店員に虚偽の説明を行い、店内でも配信を続けた。

 

01

 

02

 

すると、女性店員が「悪いけどさ、そのテレビ電話、やめてくれる?」と注意した。店の中が映るからというのだが、らんはげは自分の周辺しか映っていないと説明。また、店内には他に客はいないので問題はないはずだと主張。店員が立ち去ると、「この対応、三流、ゴミの店」などと述べ、1杯の酒で2時間店内に居座ると宣言した。

その後、再び店員らと口論になり、出入り禁止を男性店員に言い渡された。すると、らんはげは、自身はオーナーと知り合いであると告げた。2年前から店に来ていて、オーナーから配信の許可も得ているという。それに対し女性店員は「私、もう5年半もいるけど」と述べた。だが、らんはげはこの店員を見たことはないと反論。

オーナーが以前とは異なるのではないかと、らんはげは推測した。店員が去ると、「ババアがおかしいから(客が)1人もいないの」と女性店員を非難。「何、あの韓国のババア。やっぱ韓国人って頭おかしいよね」、「明らかに日本人じゃねえよ、あのババア。朝鮮人、朝鮮人、頭おかしいもん」。

 

03

 

また、以前にもこの店で店員とトラブルになったことを示唆した。「前にもそうだったな、なんかさ、在日朝鮮人の男の子が店員やってて、俺になんかからんできたよ、『やめてください、そういう配信は、あうあうあー』とか言って」。その後、他の客が入店すると、「僕は空気を読めるんで、飲んだら帰ります」と言って、らんはげは店を出た。

当サイトでは、当該の店に連絡を取った。らんはげが店内で配信を行ったことやその内容は、匿名で電話をかけてきた人物から詳細を聞いて知ったという。だが、いちいち構っていると営業にも支障が出ると判断し、相手にしないことにしたそうだ。ちなみに、らんはげに対して、過去に店側が店内での配信を許可したという事実はないとのことだ。

 

 

その他の証拠画像

 

04

 

05

 

06

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋

 

 

追記(2015/6/23)
「らんはげ」と名乗る男性から、本記事の内容には事実と大きく異なる点があるとの異論が6月17日に寄せられた。その概要と、当人への確認の結果を掲載する。

1.騒動の動画について

(1)経緯
このたびの騒動の場面の動画がYouTubeに出回ったが、悪意をもって編集されたものであり、実際の配信内容とは異なるという。ツイキャスでの配信内容を録画したもの(以下、「元の動画」と記載)は、当サイトが記事を掲載する以前の段階で既に削除されていた。元の動画を復元すること、もしくは当日の配信を録画していたリスナーから入手することが可能であれば、その内容を確認したいと、当サイトでは18日に提案した。店内で実際になされた会話を文字に起こして紹介し、あわせて当人からの反論を掲載したいと考えたからである。23日に届いた回答によると、元の動画を入手できたという。だが、音声等に問題があり、証拠として提示できる状態ではないとのことだった。

(2)反論
当人からの反論の概要を、以下に記す。
入店時には、「テレビ電話をしている」ではなく、「テレビ電話のようなものをしている」と店員に説明したという。最初に対応した男性店員が高齢だったため、「ツイキャスの配信」と表現するよりも趣旨が伝わりやすいと考えたそうだ。
その後、女性店員が突然怒り出し、配信の停止と店からの退去を求めてきたという。店員の口調が喧嘩腰だったため挑発的な物言いになってしまったが、店側の要請を無視して居座るつもりではなかったとのこと。実際に店内に滞在していたのは、15分以下だったそうだ。

2.店内での配信許可について

(1)経緯
2012年10月31日の午前2時から、当該の居酒屋で配信を行ったという。ハロウィンにちなんで仮装をして配信を行ったので、日付等も明確に覚えていたそうだ。当サイトでは当日の配信内容の確認を試みたが、ネット上にはそれらしき動画は見当たらなかった。そこで、上記「1.」と同様、当日の配信内容を再公開すること、手元に保存されていない場合には配信を録画していたリスナーを通じて入手することが可能であるか検討してほしいと、当サイトでは18日に提案した。だが、当時の配信に使用したコミュニティが削除済みであり、当日の録画内容を入手することはできなかったとの回答が、23日に寄せられた。

(2)反論
当人からの反論の概要を、以下に記す。
2012年の店内配信の当日、オーナーから正式に許可を得たという。当時はスマホではなくPCで配信していたこともあり、配信の了承を得る際にも「テレビ電話のようなもの」といった誤解を招き得る表現を用いることもなかったそうだ。それゆえ、配信の趣旨について店側が誤解した可能性はないだろうという。
内容を正確に覚えているわけではないが、「お兄さん面白いことしてるねー、またやりながら遊びに来てね」といった言葉を、オーナーからもらったそうだ。したがって、配信の許可はハロウィン当日限りではなく、以降も有効であると理解しているとのこと。なお、ハロウィン当日以後も、配信中もしくは配信以外の機会に、この店を利用してきたという。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

コメント

  1. 匿名 より:

    嘘くせー
    こいつこんなんばっかじゃねえか
    ツイッターでも見苦しい嘘連発してるし
    何が初代総長じゃボケ
    このハゲのアウトロー気取ったフカシ鼻につく
    思いっきりやられてるくせに泣かしてやっただの、自分は何もしてないくせにペコペコだの

Message

メールアドレスが公開されることはありません。