東京駅八重洲口至近で火災発生!調査員が張り込み中に遭遇!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


6月16日(火)午後三時を少し回ったあたりで、急に周りが騒がしくなった。

火災直後の現場。消防車が何台も!

調査員はその時、中央区京橋付近にいた。
最近、未曾有の大規模再開発が行われている地域である。
救急車、消防車、パトカーが何台もサイレンを鳴らしながら駆けつける。

細い路地の奥が火元なので、消火活動もしにくそうである。

燃えていたのは中央区京橋1-5-13付近。

撮影中何度か燻火が赤く光るのが確認できた。

調査員が駆けつけた時はまだ、消火活動が準備中だったのか、所々火の手が上がるのを確認できた。

火元は空き家で、建物周りを足場で囲まれていることから、解体もしくは改装中だったかと思われる。
至近には老舗の焼き鳥屋があるが、そちらには燃え移らなかったようだ。
果たして出火原因はなんだったのか?

赤枠内が再開発に該当していると思われる地区、青枠は火災現場


八重洲付近は大規模な再開発が進んでおり、この一角も至近の駐車場とセットで近々一体開発があるのでは、と言われていた地区である。

そういった動きと関係があるのだろうか?続報が待たれる。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー赤坂(0120-720-786)

探偵歴10年以上のベテラン。過去、数多くの難事件を解決してきた。探偵としての「洞察力」や「観察力」そして「分析力」には自信がある。各界に多くの人脈を持ち、情報量も群を抜く。「モットーは懇切丁寧、小さな調査でもまずはご相談!」。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。