わざと時速172キロ出してオービスを光らせる⇒動画サイト投稿ドヤッ!!⇒逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

群馬県伊勢崎市豊城町の国道17号線上武道路の通称オービス(速度違反自動監視装置)付近で、

20150222120826 (1)-1

法定速度時速60キロのところを172キロで通過、112キロオーバーの速度違反で、群馬県嬬恋村袋倉の山崎大輝容疑者(24)が道路交通法違反(速度超過)の疑いで逮捕されました。

山崎容疑者はわざと速度違反で走り、その様子を動画サイトに投稿。最初の2回は映りがよくなかったという理由で3回も違反しています。

オービス
YouTubeの実際の映像

オービスは車両全体とナンバー、運転手の顔(ナンバーと顔は抽出警察官が調整します)を認識し、さらに写真右上部に撮影日時、測定速度、制限速度、違反場所の住所を同時に印刷できます。

その時、車両の前部が道路に引かれた線の位置で撮影されていれば、正常に機械が作動したとして、検挙するのです。

OB1 (1)-3

このようにオービスは赤外線撮影です。そのため、昼間でも赤外線フラッシュが光ります。山崎容疑者が3回撮影し直したように、昼間であればわかりづらいでしょう。

私が警察官だった頃、顔とナンバーを隠した速度違反者がオービスに何度か写っていたことがあります。

しかし、撮影日時を分析して犯行が行われる日時を予測、オービスの前後に覆面パトカーを配置しました。さらに高架橋の上や道路脇に監視員を配置し、違反者を特定、逮捕に至りました。

今回のように、特に悪意を持って行った場合、捜査に力が入るのは事実! 絶対に担当者の気を逆なでしないように安全運転を心がけましょう。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー埼玉北(0120-446-007)

三〇年間警察官として勤務 1981年 警察学校入校 1982年 警察署配属 1994年 警察本部自動車警ら隊 1997年 巡査部長昇任、警察署配属主任として勤務 1997年 管区学校成績優秀表彰受賞 1999年 警察本部高速道路交通警察隊主任として勤務 2002年 警部補昇任、警察署配属係長として勤務 2004年 警察本部高速道路交通警察隊係長として勤務 2009年 警察署配属、統括係長として勤務 2010年 優秀警察職員表彰受賞 2011年退職 2012年総合探偵社ガルエージェンシー埼玉北代表 2013年メンタルヘルスカウンセラー資格取得 2014年メンタルヘルス心理士試験合格

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。