混浴温泉が危ない!温泉入ったらワニに遭遇?ワニ族が進化してネオワニ族に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、「ワニ族」って聞いた事ありますか?
ご存じの方もいるかと思いますが、どこの混浴温泉に行っても、ワニに遭遇します。

「ワニ族」と言われる男性達です。


この「ワニ族」、女性が入浴してくるのを湯船から目だけを出し、じっと待っている様子が「ワニ」にそっくりな為、そのように呼ばれています。

lgf01a201309271200[1]

特に危害をくわえてくる訳ではないのですが、ひたすらガン見してきます。どこに移動しても付いてきて、ひたすらガン見してきます。中にはチームになり、集団で囲むようにガン見する「群れワニ族」もいるとか。その為、女性の入浴客は以前に比べ減少しているとの事。最近では女性客からのクレームにより、管理側も注意をはらっているようですが。

しかし「ワニ族」も進化し、駐車場で女性客を待ち伏せし、入館を確認してから浴場へ行く、「ネオワニ族」が主流になっているようです。すごい執念と忍耐力ですね。ある意味感心してしまいます。

on_004[1]

さて、混浴と言えば・・・
栃木・塩原温泉の混浴露天風呂「不動の湯」が閉鎖になってしまいました。「風紀を乱す行為が後を絶たない。」との理由で・・・。

「不動の湯」では管理人などは常駐せず、200円を支払って入る仕組みでした。しかし露出マニアや、複数プレイ愛好家達の集いの場になってしまい、やむなく閉鎖になってしまったそうです。

江戸時代、日本の温泉は混浴が主体だったそうです。男女別になったのは明治時代からと言われています。江戸時代にも浴場でいかがわしい行為をする輩が後を絶たなかったらしいですが・・・。日本の文化とも呼べる混浴温泉を存続させていく為、モラルの向上を切に願います!

on_017[1]

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー長野(0120-132-747)

探偵歴約15年、これまで多数の案件を解決。特に浮気調査と行方調査には絶対の自信を持つ。関東のガル支社を統括する関東ブロック長としても手腕を発揮する。 Bee TV「男と女の愛情(秘)探偵ファイル」などメディア出演経験有。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。