認可外の保育施設で1歳の男児が死亡 服を着たまま浴槽で溺れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

認可外の保育施設の浴槽で1歳5ヶ月の男の子が溺れているのが見つかり、搬送された病院で死亡が確認されました。

亡くなったのは茨城県に住む坂本丈(じょう)ちゃん、当時丈ちゃんは茨城県つくば市に所在する認可外の保育施設「24時間保育きらら」に3歳の姉と共に預けられていました。

認可外の保育施設で1歳の男児が死亡

当時、この施設は69歳の女性経営者が一人で丈ちゃんを含む4人の子供を預かっていたようで、女性経営者が丈ちゃん以外の3人の子供の世話をしている間に、これからお風呂に入る予定だった丈ちゃんが服のまま浴槽に入ってしまい、女性経営者が気づいた時には溺れて意識を失っていたということです。警察は業務上過失致死の疑いも視野に入れ、詳しい状況を調べています。

24時間保育きらら

保育施設には様々な要件をクリアして自治体から認可される認可保育所と比較的小規模の無認可保育所があります。そして「24時間保育きらら」のように無認可保育所の中でも届出をする必要がない(預かる乳幼児が5人以下の場合など)施設は自治体が実態を把握することは難しいようで、どのような経営を行っていたかは更なる調べが必要のようです。

しかし、69歳の女性が1人で同時に4人の子供を保育することに無理はなかったのでしょうか?

このような保育施設で乳幼児が死亡してしまった事案は昨年は17件報告があり、その内の12件が認可外の保育施設で起こった事故であったことを厚生労働省は発表しています。認可外保育所が認可保育所よりも質が悪いとは一概には言えませんが、まずは全ての施設を届出制にして、実情をしっかりと把握出来る状態にすることが必要だと思います。

今回の件を事故と処理するのか、それとも事件として問題提起するのかでは大きな違いがあるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー東京上野(0120-258-017)

東京都台東区に事務所を構えるガルエージェンシー東京上野。浮気調査や不倫調査、結婚調査など夫婦間や男女間のトラブルを抱える方々の悩みを解決する為、相手に言い逃れをさせない決定的な証拠を集める探偵事務所です。離婚や慰謝料請求をしたい方々からの依頼が多い探偵事務所です。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。