朝日新聞記者が電車内での盗撮発覚で炎上!過去にも同様の画像、常習犯か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

朝日新聞の抜井規泰記者がTwitterに掲載した画像が盗撮であるとのことで、物議を醸している。当該のツイートは、2015年6月28日のものである。「新幹線にて。3人がけの通路側なう。品川で乗ってきた窓側の女が、ずっと、無言で泣いています。かなりの美人なんですが、女の涙って、ものすごくストレス。ずーっと、つーつー、つーつー、涙を流しています」。

 

01

 

泣きやむようにフェイシャルペーパーを渡したという。すると、「1枚抜いたら、『ありがとうございます』って言った途端に、声だして泣きやがった。周りが振り返るし。苦痛の、のぞみ177号」。その後、「泣き寝入ってしまいました。 使われず、丸めただけで干からびていく、僕の善意」とツイートして、隣の席の女性を撮影した画像を公開。女性の顔は写っていなかったとはいえ、本人の同意を得ずに新聞記者が撮影して画像を公開したことに対して、異論が飛び交っている。

 

02

 

これまでの社会人生活を振り返って、「泣く女」というのはどのような人物であるのかという私見も語っている。「少なくとも僕は、泣いて何とかしようとする女のことを心の底から軽蔑しているので、軽々しく泣かない方がいいと思う」という。また、「週刊朝日に出向しているときに、一山いくらでセールを開けるほど、まあ、『泣く女』ってのが、たくさんいました。仕事が成功して泣くならまだいいんですが、仕事がうまくいかなくて泣く女ってのは、どうもねえ」といったツイートも。

さらに、過去のツイートからも盗撮画像と思われるものが相次いで発見された。5月28日のツイートには、地下鉄に乗車中、目の前の若者が書いていたというエントリーシートを盗撮した画像がある。翌日29日にも、「街で見かけた、今週一番の変わり者。先ほど乗り換える前の電車でとなりだった男性。電車の中で、開いた傘をずーっと、クルクルクルクル。乾かしてるんだろうけど」というツイートがあり、当該の人物の顔も部分的に写っていた。

 

03

 

04

 

これらの画像が見つかったことから、抜井記者が日頃から同様の盗撮行為に及んでいたのではないかと疑う声も上がっている。当サイトでは、抜井記者が所属する朝日新聞のスポーツ部に連絡を取った。同社では本件を把握していなかったという。関連情報を伝え、当該のツイートをその場で確認してもらった。詳細に関して、これから調べるとのことだった。

 

 

その他の証拠画像

 

05

 

06

 

07

 

08

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。